上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この日観戦に行ってきたが、成瀬投手がプロ初勝利を上げた。7回に捕まったものの、6回までは見事なピッチングだった。守護神小林雅英も見られてお得だった。

9回2死からかつての98年優勝メンバーおよび首位打者鈴木尚典選手渾身の内野安打の後、代走が盗塁を決め、一打同点まで横浜が粘り、実に良い試合だった。

横浜は先発ベバリンが1回から5回まで毎回1点ずつ取られ試合を壊した。

ロッテは充実した投手陣にさらに、一人新星が加わった。

この日本塁打を放った大松選手が、後日4番に座ったりしている。

見に行った選手が活躍すると嬉しいものだ。
練習光景

スポンサーサイト
先日の巨人戦。

西岡四球。二盗、三盗を決め、サードゴロの間に本塁を陥れる。こういう野球が出来るチームは強い。

阪神もそれが出来るが、千葉ロッテ、今年も強い。

ロッテは、かつての盗塁王西村コーチ、高橋慶彦コーチがいるから、機動力野球はお手の物。

今年も、日本シリーズは阪神×ロッテなのでしょうか。
ヒットを打った時の、337拍子の音楽はオリオンズ時代のものですね。

ソフトバンクのそれは「線路は続くよ何処までも」、やオリックスの337拍子の音楽も阪急の頃からのもの、ファイターズのそれも中島輝史選手がいた頃からの音楽です。

伝統を引き継いだ応援はとても嬉しいです。

ララララ~♪
千葉ロッテ強くなりました。
少し前までは、弱い球団の代名詞だったのに。

僕は川崎ロッテの大ファンでした。子供会にも入っていました。その頃は本当に、観客も少なくて、「僕がいないとロッテオリオンズは成り立たない」と思ったものです。中学生の頃、平日のナイターに応援行きました。

千葉県はロッテを歓迎して、地域密着応援が功を奏しましたね。黒木投手全盛の頃、開幕18連敗(確か)した事もあったけど、ボビー1次政権時代にファンが固定しましたね。あの頃から僕は「もう千葉ロッテは僕がいなくても大丈夫」と勝手に思いました。

久しぶりに、先日、横浜×ロッテを横浜スタジアムに見に行きました。ロッテの応援はなかなか画期的でした。

メガホンを使わないので、声がよく届くのがとても印象的でした。
サッカーの応援をモチーフにしているところがあるので、サッカーの応援のようにはならないで欲しいと思いました。

それは「かっとばせー、かっとばせー、福浦!」「走れ~走れ~、西岡!」のところで…
あくまで、手をグーにしてほしい!ということです(^^)/。

もし、パーにしてしまうと、サッカーで言う「ニッポン!(チャチャチャ)ニッポン!」になってしまうのです。
今の所、ロッテファンの皆さんグーにしてたので安心しましたが。

それでは、また。ララララ~ラララ~ラララ~ラララ~♪ラ~ラ、ララ、ララ、ラララ~千葉!ロッテ!マーリーンズ!♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。