上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 門倉健投手の巨人移籍が確実になったらしい。門倉は巨人相手に好成績を残している。しかし、門倉レベルで勝ち星稼ぎをみすみす失いに行くのは如何なものか。以前も述べたが、ハッキリ言って、門倉が今季10勝したのは、体勢決した状態での数字合わせ(しかも防御率4.84)、優勝争いから脱落した場合、投手の10勝は8月一杯で達成していなければ(これでも遅いが)意味がない(これを満たすなら自身が頑張ったのにチームがダメだった事になる)。 

 巨人としては、苦手投手1人囲うだけで十分であり、門倉が活躍したら儲けモノくらいのものだ。以前広島からFA宣言した川口投手しかり。金持ち巨人はその選手の旬の時期を買ってしまい、自軍に牙を剥かせないようにしているのだ。

 それに門倉が先発でやれたのは、層の薄い横浜だからである。来季は、上原、内海、工藤、西村、辻内(若手優先)、野間口(若手優先)が先発、門倉は中継ぎからスタートだろう。

 一時の年俸UP(しかも微増)に目がくらむようでは、野球人生を棒に振る。横浜だったら2軍落ちしても調整してすぐに上がれるのに、巨人では準備万端になっても必ずしも上がれるとは限らない。

 当ブログでは、門倉投手の年俸は数字合わせの10勝、防御率4.84では現状維持で十分と思量する。来季、身を以って知ることとなろう。知った頃には旬の時期が終わっていて横浜が必要とすることはない。
スポンサーサイト
 愛媛松山市坊っちゃんスタジアムでの四国アイランドリーグ選抜チームとの練習試合だが、ヤクルトは3―4で敗れた。15日は香川に5―9で敗れている。古田監督は「打つのも走るのも守るのも向こうが上。強いと思う」とのたまったらしい。少しはプロとしての意地を持つべきである。

 しかも、石川、館山が打たれた。石川は一応エース(のはず)。ヤクルトは本気で戦っていなかったのであれば、これは相手に失礼。しかし、もし本気にやっていたなら、これは大問題だ。理論的にプロがアマに負けるはずがない。いずれにせよ、弁解出来ない。

 少々、日本のプロ野球はおかしい、日米野球もメジャーチームは本気でやっているらしいが、日本チームは二戦級のくせにアフターシーズンだからか、どこか本気度が見られない。プロアマ交流を大義名分化しているが、ペナント以外でタラタラやってアマに負ける位ならやらない方が良い。プロは神聖化されるべきだ。

 最後に、ヤクルト如き、優勝争いに参加出来ない二流チームが手を抜くのは10年早いと言うことだ。
 どうして、本人の背番号を動かそうとするのに同意を求めないのか。昨年ドラフト2位渡辺恒樹投手が球団から背番号18を剥奪される。

 今年の成績は悪いとは言え、彼はドラフト2巡で期待の星だったはず。駒大苫小牧田中君は背番号18を用意しなくても入団してくれますよ。最初から12球団OKって言ってるんだから…。

 そもそも、こんな案(背番号18譲渡)が出てくる事自体がおかしい。高井雄平が石井一久に背番号22を譲ったのとはワケが違うし、ドラ1であっても空いてる背番号から番号を選ぶのは、後輩として当然である。こんな事をしたら現場にしこりが残ることを社長始めフロントは分からないのか?

 大体、田尾監督一方的解雇騒動に垣間見られるように、フロントの方針がどこかおかしい。周りが全く納得していないのは前回の騒動と同様。

 タダでさえ、最弱の楽天はこんな所に神経を使ってる暇はどこにもなく、全て戦術、練習に時間を割かねばなるまい。

 このバカフロント振りは来季5位を狙う上での大きな障害だ。背後からの槍は前からの槍よりも怖い。

 大人達のダメっぷりの一方で、事の顛末を知り得た田中君は背番号18を辞退すべき、そうすれば田中君の株が上がるし、先輩にイヤな思いをさせることもありません。背番号は活躍してから希望する位が調度良いと当ブログは思量します。
仁志敏久選手は、02年の原第一次政権の時から構想を外れていたらしい。確かに清水が1番打者で活躍し、出番が激減した。この時から仁志は移籍願望があったようである。堀内監督になり、1番に復帰したもののオフにはメジャーへ行くやら行かないやら契約更改するまでに時間を要した。

かねてより仁志は、歯に衣着せぬ物言いがあった。良いか悪いかは別にして好かれる好かれないと言うのはあっただろう。

この度、願いが叶い横浜ベイスターズへ移り、早速「石井さんと二遊間を組み、色々教わりたい」と話したが、今年働かなかったという意味では全く互角の昨季活躍した種田がいる。若い藤田がいる。「まずは横浜の熾烈なポジション争いを制して石井さんに色々…」位言っておいた方が良かったような気がするのは、僕だけか。少し気を遣って良い環境で練習するのも仁志の場合、過去の経緯からも一つの手ではないか、という事だ。

ただ、仁志の守備力は高レベルであり、守備妨害を誘うようなあるいは守備妨害に見えるような記録に残らないプレイで投手を助ける事があり、上手さがあるので、打撃がある程度まで回復すれば、アッサリ定位置取りも十分可能だ。
パは文句なく八木智哉である。

セは、梵英心に決まった。規定打席を満たしている事が決まり手だったらしい。3塁打8本もインパクトがあった。私的には、吉村裕基だとも思っていたが…。ホームラン26本は立派であるが規定打席に足りなかった。416回打席に立っていて打率は.311。規定打席が450なので、規定打席を満たすために残り34打席全部アウトとすると.273になる。


.273 26HRと.289 8HR の差である。

      打率  本塁打  試合数  出塁率 
吉村    .273  26HR   111    .336
梵英心  .289  8HR    123    .332


梵英心の票が吉村に2倍以上付けたというが、当ブログでは、吉村裕基が新人王にふさわしいと思量する。
プロ野球選手候補が損害賠償を勝ち取る。

詳細はこちら。
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20061111024.html

それにしてもひどすぎる、歯を16本も折る事故とは。しかも完全なもらい事故。あと10秒遅く通れば事故になっていないのに。

しかし、事故とは不幸である、ここで取った損害賠償がたったの4600万円。プロになったなら契約金だけでこれを上回る。

プレイ中の事故でもそうだが、とにかくグランドに立てなくなったら終わってしまうのだ。

選手の皆さん、グランドに立つ前に毎日無事に終わるようお祈りしてほしい。
6日、フルキャストスタジアム宮城で第1回合同トライアウトが行われた。

2回目は、27日に千葉マリンスタジアムで行われる。

参加者一覧
【投手】26名

北海道日本ハム
井場友和 (30)、横山道哉 (29)、吉崎勝 (28)、佐々木貴賀 (25)

福岡ソフトバンク
芝草宇宙 (37)、 岡本劼能 (33)、吉田修司 (40)

西武
田崎昌弘 (32)、小野剛 (28)

千葉ロッテ
杉原洋 (21)

オリックス
野村宏之 (25)、小川裕介 (27)、*岡本晃 (33)、*栗田雄介 (26)

東北楽天
戸叶尚 (31)、金田政彦 (37)、佐藤和宏 (29)

中日
遠藤政隆 (34)→ヤクルトへ。おめでとう^^。
川岸強 (27)、鳥谷部健一 (27)、*小林亮寛 (27)

東京ヤクルト
三澤興一 (32)、平本学 (27)

読売
伊達昌司 (31)、南和彰 (25)、十川雄二 (23)

【捕手】3名
中日
柳沢裕一 (35)

東京ヤクルト
高橋敏郎 (26)

読売
+横川雄介 (22)

【内野手】11名

福岡ソフトバンク
定岡卓摩 (20)→あの定岡コーチの息子さん。頑張って欲しいものです。
北野良栄 (23)

オリックス
三木仁 (27)、中本和希 (25)

中日
高橋光信 (31)、*瀬間仲ノルベルト (22)、*湊川誠隆(26)

阪神
石橋尚到 (24)

読売
大須賀允 (26)
原俊介 (29)→中日は原を外し、リードオフマン荒木を引き当てた。

広島東洋
福井敬治 (30)→巨人時代の活躍を思い出せ。

【外野手】13名

北海道日本ハム
坪井智哉 (32)→楽天野村監督の下で羽ばたいて欲しい。阪神に帰ってきてくれてもいい!

福岡ソフトバンク
宮地克彦 (35)→リストラの星等とあれだけもてはやされた男があっと言う間に戦力外。厳しい。
榎本敏孝 (21)

西武
高波文一 (31)

千葉ロッテ
喜多隆志 (26)

オリックス
小島昌也 (21)

東北楽天
益田大介 (33)

中日
櫻井嘉実 (22)、*幕田賢治(28)

東京ヤクルト
久保田智 (29)、内田和也 (22)

読売
*中濱裕之(28)

横浜
田中一徳 (25)→なぜD1位だったのか全く理解に苦しむが、再起して欲しい。


+印は育成選手からの契約解除選手
*印は昨年以前の契約解除選手
なお、十川雄二選手(読売)は、本来は内野手での登録ながらも投手としてトライアウトに参加。
なんと広島黒田が残留した!広島の4年総額12億円(出来高込)という評価は低いと思うのだが。単年3億でしょ、しかも出来高込で…。彼の06年年俸が2億。今年は13勝でやや勝ち星が少ないがそれでも防御率は優秀で1億しか上がらないとは…。しかも複数年契約では、阪神の金本みたいにどれだけ活躍しても年俸据え置き

広島球団は「誠意、誠意」とよく言ったもんが、うまくやったもんだ…。

球団は、メジャーに限り契約中であっても認めることとしたものの好条件とはとても言えない。

カープ首脳陣は、黒田の男気に応えるべくセ最低の投手陣を何とかする事が急務である。しかし…投手はどいつもこいつもだらしがなく、05以前の期待のドラフト上位陣は帯に短し襷に長し、人材が非常に乏しい。ダグラス、ベイルに頼るだろうが、どういう勝算がカープにあるのか…全くもって謎である。

しかし、カープが優勝できる球団かどうか等はもはや二の次だったらしい、「カープファンのいる広島市民球場で広島ナインに向かって投げるのが想像付かない」というのが今回の決断であった。FA宣言残留は許さない等身の程を知らないおかしな昔気質球団なのに、損得勘定抜きの黒田のカープ愛…(管理人は今、猛烈に感動している)。男だぜ!

Let's Go! 黒田ホームラン 情熱燃やし 明日へ向かって大空高く 飛ばせ黒田♪
「かっとばせー黒田!」

黒田!黒田!黒田!黒田!黒田~!黒田~!
「かっとばせー黒田!」


ランキング

ギエー、ビックリした!今オフ移籍情報の中で黒田投手と同じくらいビックリした!こんな事があるなんて…。横浜は何だろう、石井琢はあまり走れないけど、彼がレギュラー外れるとも思えないし、横浜は1塁新外国人or佐伯or内川or古木or鈴木尚(案)、2塁内川or種田or藤田、3塁村田、遊石井琢。野手が豊富で使えるところがない。

右の代打の切り札か?

もしかしたら、横浜が仁志を引き取って巨人に恩を売ったのかもしれない。

横浜からは誰が巨人へ行くのだろう…。

でも、横浜ファンは温かく迎えるよ!

せーの…としひさー\(>▽<)/。
せーの…としひさー\(>△<)/
せーの…としひさー\(>▽<)/。

勝利運ぶ一撃 気迫のスイング一振り
闘志燃やせ 担え 巨人の背番号8♪

かっとばせー敏久!!


ランキング

小笠原選手はエライ、さすが二冠王!日本シリーズで全てを使い切ったはずなのに出場するなんて!日本選抜の出場者は下位チームからの選手が多いが、当然である。彼らはシーズン早々に消化試合になり1年間一生懸命野球をした感はないだろう。全てを使い果たした日本シリーズ出場組及び優勝争いした選手が休むならいざ知らず、下位チームは休む立場にないはずだ。大いにメジャーチームから勉強すべし。

あと、外国チームとやると球音を楽しめるのも良い。ペナントは応援合戦という楽しみもあるから応援を派手にやって欲しいが、外国チームと対戦する時オールスター戦はコールの応援はなくて良い。そもそも、日米野球は親善大会、オールスターはお祭りでありペナントと違うので、たまには静かに野球を見たいものだ。
ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。