上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 高橋尚がまた勝ちました。彼から白星を挙げるチームはどこなんでしょう。阪神にめっぽう強いですし、全く手が付けられません。去年はトレード候補に名前が挙がった一人なのに見事に復活しました。

 02年リーグ優勝時にケツを見せた高橋は当時西武監督だった伊原ヘッドコーチから「汚いケツを出すな!」と怒られましたが、それも今は昔の話、手を組んで戦っています。

 左腕エース目指して 群がる敵をなで切り 

 みんなで掴めビクトリー 魂込めて尚成♪


 どこまで勝つやら…。今シーズンは注目です。
スポンサーサイト
能見が悪かったのは初回だけ。立ち上がりって恐ろしいです。次回はもう20%くらい上げてマウンドに立って下さい。

結局打線は元気がないまま。佐々岡がどれだけ調子が良かったのかわかりませんが、佐々岡からタイムリー出来ないようでは厳しいですね…。

一方、昨日は確かに不運でした。安打は出るもののランナーが帰れなかったり、併殺が多かったです。併殺の後長打が出たりちぐはぐでした。

佐々岡でもゲームを作りました、野球はやってみないと分かりません。今日は黒田、相手は大物。「見る」なんてしないで好球必打、積極的に行って欲しいです!

昨日は狩野が安打を放ちました。中日は連敗、巨人も連勝はしてません。まだツキは残っているはずです!ガオー。
 両軍ひどい先発でした。広島は早めに長谷川を諦めたことが成功しました。阪神杉山がKOされてから試合が落ち着いてしまいました。広島の林、梅津は好調なので明日、明後日打ち崩せるか課題です。フェルナンデスも調子が良かったです。阪神打線はシーツに当たりが出てきたものの依然元気がないですから、ラッキーボーイ的な林、狩野に期待したいです。

 好調大竹が明日明後日登板して来ない事はラッキーです。この幸運を生かして欲しいところです。明日勝って、明後日黒田でどうか…ってところでしょう。明後日黒田なので今日勝っておきたかったところですが、こちらも好投手をぶつけて意地で2勝1敗をもぎ取りましょう。
 横浜、危なく負けるところでした。チームの特徴が出てしまいました。ヒットは出るものの得点に結びつかず14安打5得点。この内容では負けて当然で、今日の勝利は地の利でしょうか、勝たせてもらったようなものです。

 打線は当って来たというべきでしょうか。仁志が一人気を吐き脅威の.349。吉村、金城に当たりが戻り、石井琢以外は当たりが戻って来ました。今はつながらないマシンガン打線ですが、98年の前年を指揮した大矢監督なので、今後はつながるマシンガン打線を期待しましょう。
 
 しかし、何と言っても課題は中継ぎ投手。先発が崩れるとどいつもこいつも投げてみないと分からない状態で全く信頼感がありません。断腸の思いですが、内川、小池、古木クラスを一人放出して巨人の吉武クラスを獲ることアリなのではないでしょうか。

 クルーン早く戻って来~い。出産立会いのためとは言え、この大事な時期の離脱は査定に響きますぞ。
介していないようですが、内心期するものがあるはずです。02年日本シリーズでは3三振を喫しており通算でも17打数2安打と完全に封じ込められています。ゴジラはここ(メジャー)では負けないと思っていると予想されますが…でもこの二人どこか温度差があります。その日本シリーズについてのコメント;

 ゴジラは「でもジャイアンツが勝ちましたから。」

 一方の松坂は「そういう見方もあると思うけど、自分が活躍してチームが勝つのが良い」と言っています。

 優勝しても活躍してない並の選手は退団の可能性が高いのが一般的です。しかし、ゴジラの場合、ゴジラをマークさせる事に価値があると僕は思います。松坂は主力を打ち取った後に気を抜いて打たれます。巨人がこれを狙ったか分かりませんが、これをヤンキースは狙えば良いと思います。

 もしかしたら伝統のあるチームの監督は個々の成績も勿論重視する一方、ゴジラクラスの選手なら特定投手に抑え込まれたとしてもその存在がチームにどれだけ貢献するか、を重視し評価を下げることはあまりないのかもしれません。それに02年のゴジラはペナントでは活躍しましたから。

 でも簡単に言うと…、イチローとゴジラが仲悪いから、この温度差になってしまうのは仕方ないんですけどね。

 チームの勝利が優先という伝統球団に所属するゴジラの思想は実にその通りですが、僕は個々の勝負もどうしても気になってしまいます。ゴジラの先輩の意地を感じたい、期待したいです!!
 巨人戦の初戦を取った大矢監督 特に喜ぶ様子でもなく「これで3連敗はないという事」と発言しましたが、その通りになっちゃいました(T_T)!水曜に大敗して膿を出し切ったかに見えましたが、昨日は勝ちゲームでありながら手痛い敗戦…。

 エース三浦が初回の失点だけに抑え、イケると思いましたが…。打たれた投手は那須野巨人と競合して獲得した投手だけに意地で抑えて欲しかったところでした…。クルーンの前に確実な投手を養成する事は急務でしょう。しかし今の横浜の中継ぎは投げてみないと分からない大博打投手ばかり(先発もですけど)。

 98年の横浜は、佐々木につなぐ前に五十嵐英樹投手という信頼出来る中継ぎがいました。五十嵐投手に準ずる計算できる投手の出現をただただ待つばかりです。
 
 ただこれは巨人も抑えと中継ぎの野口、前田がシャンとしていないので同じ条件です。地力の差が出たという事でしょうか…。とにかく昨日の敗戦は残念でした。

 最後に、応援団の方に確認したところ 鈴木尚の旧バージョン応援歌は、東京ドーム限定との事でした。

 石井琢郎選手はあと1盗塁で通算350盗塁になります。昨日は再三に渡り「走れ!走れ!琢郎!」コールをしたら、石井は走ってくれて2塁で憤死(結構 余裕のアウト)しました。我々の要求に応えてくれてありがとう(^_^)。

 さあ、明日から中日戦。気を取り直して^^!
 球際に強いシーツの守備。さすが広島時代ショート、セカンドをやっていただけの事はあります。宮本は追い込まれると右打ちするから準備は出来ていた…なんて助っ人らしからぬ素晴らしい心構えだと思います。ボギーの投球、バッティングも◎です。相手投手はバッティングの良いボギー、ジャンが打席に立った時、一応気を引き締めるでしょうが、秀太、赤松相手の時よりは気が入ってないでしょう。阪神は9番目の打者の時も大チャンスなのは大きいです。

 古田監督は昨年の岩村の3塁ベース事件の事もありましたし、審判団への不満が溜まっているようです。「みんな見えてるのに見えてないのは審判だけ」と古田監督は言ってました。打者に打球が少し当たったと言うのは、確かに球審から見にくいです。昨日は審判4人で合議した結論なのかどうかは知りませんが、接戦だっただけにヤクルトにとってスッキリしなかったのは残念でした。

 98年の横浜は8回までに1点リードしておけば勝ちでした。今の阪神はJFKが抑えてくれますから98年の横浜に近い状態です。久保田が昨日見せた伸びのある直球、鋭いスライダーが戻ったのは大収穫です。あとは打線です。つないでクリーンナップでドカンと返せる厚みのある打線のはずなので打線に期待です。

 負ける時の大差負けは膿を出し切る意味で調度良い。この3連戦、接戦をモノに出来たのは◎です。
 リグスを欠き不調のヤクルトに勝ちました。青木はあの自分勝手な性格、やはり1番向きでしょう。さて、下さんが試合を作りました。打線がつながりました。今阪神で一番振れていると吉田義男氏に言わしめた林威助が4打数2安打、1回にタイムリーを放ちました。イケてます。

 今日2安打したものの鳥谷がいつの間にか.264まで落ちています。一発を狙える打者ですが、もう少し上がって来て欲しいです。赤星1番論が再燃することもあるかと思われます。

 2番手江草が何とか無得点に抑えました。福原はまだ調整が必要ですな。中継ぎで結果を出してからですな。それかローテの谷間の登板だったらあり得ますね。

 ナゴヤで勝てない、高橋尚と内海を打てない、毎年カモの横浜を今年はカモにできないカモ…。下位2チームからキッチリ白星を重ねる必要があります。
 00年くらいまで使われていた鈴木の応援歌が復活しました。僕はこっちの方が好きだったので嬉しいです♪

 本日は金刃なので、4回なのに小池に交代されてしまいました。鈴木は98、99年の頃、生涯横浜宣言し社長が喜んでいたのを覚えています。

 鈴木が大スランプになったのは、森監督が4番に使ったり2番に使ったりしたことが原因だと思っています。野村監督が阪神に合わなかったように、森監督も谷繁と確執起こして中日に行かれてしまった事もありました、結果として横浜のカラーに合わなかったという事ですね。
 つい先週まで助っ人のはずなのに8番.190位だったホリンズが恐るべき固め打ちで打率を3割に乗せています。今の時期は1本ヒットを打っただけで打率が5分くらい上がるので、今のうちにある程度3割のクセをつけておくのが大切と思います。それに、大勢決していない今、ヒットを打つことは価値があります。

 イチローのように7,8月に固め打ちする事もありますが、イチローは特別でしょう。
 ガイエルがポットン。先々週東京ドームライト外野席でガイエルの守備を間近に見ましたが、いつもワンハンドキャッチで危ないなあと思っていました。両手捕球が基本なのに、あんな大事な場面であんな不注意 罰金モノでしょう。あのエラーがなければ、金本の敬遠、今岡の四球はありませんでしたから。打てないわ、守れないわ、ガイエルを獲ったヤクルト気の毒です。

 ガイエルは豪雨の中グラウンド50周くらいしないとナインとヤクルトファンは納得しないでしょうね。

 さて、阪神は相手のミスをしっかり生かしました。さすが優勝を狙うチームです。阪神ファン待望のスタメン林は4打数1安打でしたが、大事なところであのタイムリーはインパクトがありました!そして、矢野捕手が決めてくれました。金本敬遠はその勝負強さ、存在感からでしょう!先発ジャン、久保田、ジェフ最高でした!どしゃぶりの中阪神ファンよく球場に残りました!

 皆でつかんだこの勝利、お金に代えられない価値がある。プライスレス!!(^-^)b
 黒田が出た時は何としても勝ちたかったですが、仕方ありません。投げてみないと分からない後を継いだ投手陣 圧倒的不利でしたが、今日はよくやりました。(金曜の大竹は球が走り、手が付けられない程に良かったです)

 日曜日はなぜ前田がスタメンじゃなかったのか分かりませんが、今日は前田が抑えられてしまいました。前田が打つと広島は俄然盛り上がりますから。

 首位いじめの得意な広島は中日に強いので、明日期待しましょう。
 横浜投手陣、相変わらずです。四球やら安打やらでピシャリと回を抑えられないですね。四球が多いと野手が腐って来るので注意です。タナボタ勝利投手牛田も5個のアウト取るのに被安打2ですから。

 一方の巨人。2番手に登場した真田幸村の末裔 真田裕貴、良い内容でした。どこのチームに限らず若い投手が中継ぎで良い投球をすると嬉しいですね。他のチームが目立つために巨人は強くなくてはなりません。強い巨人を倒そうとするのが日本の文化ですから、巨人はそこそこ強い存在であって欲しいものです。あ、もちろん今迄のようにドラフト等でインチキをしてはいけません!

 今日は横浜も巨人もどっちもどっちだったと言えましょう。たまたま横浜が拾った感じの第1ラウンドでした。

 明日、レフトビジター席に応援に行きたいのですが、やる事があるので断念致します。プレーオフ横浜スタジアム行きたいので、横浜ナイン、明日頑張って下さい!

 燃~える星達よ~Let's go! 
 ゆーめを追いかけろ~♪
 バンザーイ、バンザーイ、バンザーイ!
\(^^)/
 今日の敗戦はさておき、背番号31林威助はスタメン起用して欲しいみたいな事を吉田義男氏が言っていました。1-10の9回裏1死で林登場。こんなどうでも良い場面で起用されたにも関わらず、モチベーションを高め、見事なライト前安打。さらに吉田氏は金本よりも振れていると言っていました。実況も左投手になると必ず変えられてしまう、と残念な雰囲気を醸し出していました。

 今日はあの高橋尚。見ての通りですよ、勝敗はどうでも良いです。

 岡田監督は濱中を使いたい人です…。岡田監督は小泉前首相ばりに頑ななところがあります。今日はそれを考察してみました。

 岡田監督は掛布氏とはチームメイトで85年にはクリーンナップを組み優勝していますが、飲みに行ったりの親交はなかったとか。

 岡田は、誰もが尊敬する巨人長嶋さんを嫌いと以前言っていました。それは「阪神ファンは巨人を倒すのを夢見ているのに、自分達が長嶋さんを崇拝するような態度を見せるのはどうか」との事でした。岡田はオリックスに移籍する時「自分は一番の阪神ファンであり、これからも阪神ファンであり続ける」と言っています。身も心も阪神に捧げている事は確かです。

 一方の掛布はどうでしょう。根強い人気がありますが、周知の通りのスタンスで野球を見ています。 重~い重~い背番号31を受けた林。掛布を尊敬、崇拝するのは当然で(実際に尊敬、崇拝してるかは知りませんが)、それを岡田は面白くないのかもしれません

 岡田は、組閣に関し、仲良し内閣と揶揄された事があります。さらに愛弟子をうんと可愛がる人情派です。こんな事が原因で今日の林の起用法になっているような気がするのです。

 林君!!人間模様渦巻くプロ野球界 色々あると思いますが、その長打力、成長力は阪神に絶対に必要です。荒波を乗り越え、スタメンをつかんで下さい!林威助!!林威助!!
 ミスターベイスターズ金城が永川から打ちました。8回裏2死3塁の好機を潰した横浜、すっかりテンションが落ちたライトスタンドでしたが、9回クルーン登場に「まだ勝負を諦めないぞ」というベンチの思いを感じました。

 今日スタメン復活した金城3打席まではノーヒットでしたが、振った打球がグングン伸びて僕の座っていた左後ろに落ちました。

RIMG0364.jpg

金城は泣いていました。

RIMG0365.jpg

RIMG0366.jpg


 今日もライト古木、レフト佐伯の超攻撃的布陣で臨みましたが、佐伯は良い所で打てず…また打率が落ちて来ました。

 小池君!!君の大技小技は必要です。魅力です。中学時代に松坂を倒したその実力を見せて下さい。今夕はきっと送りバントの練習をした事でしょう。もし、まだしてないなら明日して下さいね。

 ベイスターズは、三浦、工藤、加藤、寺原がフル回転し、ローテの谷間を誰かが出て来て1勝1敗ペースで行けたなら間違いなく優勝争い出来るチームです。
 
 98年を思い出して…Be A Hero! じゃなかった…Move On!!
 8回追撃ムードを払拭する相木崇の背信投球。打者3人に1四球、2安打。先日阪神が中日長峰投手から1回に一挙6点を奪いましたが、その長峰投手は即刻2軍へ送られました。相木投手も2軍で鍛え直して欲しいです。結果論ですが、最初から打たれるならいざ知らず四球から崩れたのは納得できません。

 その後を受けた江草は高橋由に2点タイムリーを打たれましたが、谷の犠打の後小笠原、古城を連続三振に抑えてただけに残念でした。

 がまたしても途中交代。確かにそれまで2打席安打無しでしたが、林は相手が左投手だとそんなに可能性が低くなるのでしょうか。徳川家康が大坂攻めした時 難癖つけてそれを口実にしましたが、岡田監督が林に代えて濱中を使うのはその位強引な起用だと思います。結果濱中は三振。投手は野口でしたから打って欲しかったです。野口クラスを打てないのかよ、という気持ちになります。

 移籍して来た相木崇、高橋光信、葛城育郎…こういう選手は男気見せて欲しいですね。レギュラー獲るつもりで頑張って欲しいです。特に葛城はせっかく代打に起用されたのに見逃し三振。少年野球でも見逃し三振すると怒られます。空振りは仕方ないと見なされます。

 光明は何と言っても狩野恵輔。今日は先発出場し本塁打も放ちました。7年目の苦労人は今シーズン花が咲きそうです。明日も頑張って欲しいです。

 濱中、高橋、葛城は明日早出特打ちをお願いします。
 4回表ライト内川の守備。まだライトの守備に慣れていないようです。本拠地横浜フェンスのかなり手前で壁を気にして梵の飛球を取れず3塁打にしちゃいました。その直後東出の飛球も、犠飛は免れませんが壁を気にして捕球して転倒しました。

 相変わらず中継ぎが悪いです。4点を失った三浦がゲームを作れなかったのは確かですが、その後の吉見が簡単に追加点を取られ6点に。反撃できるという気力を見事なまで刈り取ってしまいました。

 本日のベイスターズは超攻撃的布陣センター古木レフト佐伯。石井が1割台、金城が絶不調でベンチ、吉村が2割そこそこで7番降格で非常に苦しい台所事情です。投手の悪さは相変わらずでよく2位争いしています。

 98年のベイスターズには感動させられました。応援歌も好きです。頑張って下さい。
 070420-diana10.jpg
最後に、今日のDianaの1枚。
 素晴らしい投手戦。濱中君が値千金同点タイムリー。そのお膳立てをしたシーツ、金本も見事です。でも濱中君はまだまだ。明日も明後日も今迄の分を取り返すべく早出特打ちをして下さい!

 両先発は、両者共に勝ち星を付けたいほどの好内容でした。内海には前回東京ドームでひねられ今回もひねってくれました。敵ながらあっぱれな投手です。

 今日の江草、たまにはこんな事もあります。もしあのまま負けたとしてもドンマイです。今迄よく投げてくれていますから。投手は各々仕事を良くこなしてくれました。

 12回の攻撃は圧巻。皆重圧の中、良く出塁してくれました。赤星はしぶとく打って同点に追い付いてくれました。

 そして狩野恵輔!この人、4/8(日)東京ドームでフリー打撃を見たのですがかなりの飛ばし屋でした。こんな選手がいたんだと思いました。代打で使えば良いのに、と思っていました。狩野は昨年ウエスタン首位打者だったんですね。城島みたいになってくれたら良いですね、楽しみです。これで矢野の後継争いに大きく名乗り出たのではないでしょうか。

 今日はたまたま勝っただけ、両リームとも総力戦で全くの互角でした。明日もありますから!でも…今日は今日で喜んでおきましょう。バンザーイ、バンザーイ\(^^)/
0-11の7回、代走石川が二盗したそうな。そこで暗黙の了解を横浜が破ったって事で、古田監督が激怒。そして2者連続の死球…。

スポーツニュースを見ていた時、遠藤投手は悪びれた様子がなく「??」と思いました。後で記事を読んで報復と分かりました。あの内川への背中の死球、続けて村田へ緩い球…。村田への死球はカーブでしたね、古田監督は「かがまなければ頭に当たらなかった」って言ってましたが、顔に球が近付いて来たら普通かがみますね。反射です。
これは古田監督が無茶苦茶だと思います。

ただ、スポーツニュースは二盗したシーンは流した方が良いと思います。見る人が見れば「こういう事があったのか」と分かりますから。

井野部長が「退場~!」ってジェスチャーしてましたね。
ヤクルトと横浜どっちが悪いかは分かりませんが、ケンカと言うものは
被害者にもそれだけの落ち度があるものですね。
 林に代わって代打関本。いくら左対左だからって…投手より打率低い選手に交代だなんて…。そんなに林は信頼されていないのでしょうか?WBCの4番なのに。関本より全然格上だし使えると思います。岡田監督は林より関本、濱中を使いたいのは確実ですね…。仲良し内閣と言われてしまう所以がここにも見えました…。林威助、逆風に立ち向かって頑張って下さい。林威助!林威助!

 久保田は守護神には戻れませんな。江草は安定していますな、希望を持たせてくれる最高の中継ぎですな。

 高橋光信は7回1死1,2塁で見事なまでの併殺打。このままでは中日の眼力は正しかった、解雇して正解だったって事になってしまいます。何とか意地を見せて欲しいところです。阪神はパウエルで、トランプの大貧民で言うと革命が起こらない限り最高に使えない「3」を掴まされたのですから、今回つかんだ光信は せめて「10」だったと言わせて下さい。
 こんな契約書が世の中に流れてしまうとは…。覚書に貼ってある収入印紙に中塚の印がありますが、これは大洋で活躍した中塚政幸スカウトではないでしょうか。彼はスカウトやってますから。因みに、田中一徳の担当も彼でした。田中の活躍は勿論評価されましたが、中塚氏もPL出身だった事、横浜がPLに獲得ルートを作りたかったんですかね…。田中は下位指名で十分だった気がします。

 さて、覚書の内容を簡単に…

1.契約金は分割払い。

2.参加報酬3000万円(これ何でしょう?)は12回分割払い。

3.イ)タイトル:最優秀防御率、最多勝、最優秀救援、最多奪三振、
   最優秀中継ぎ、新人賞獲得の場合1000万円。
   何個重複しても1000万円。

  ロ)投球回数:規定投球回数達成の場合1000万円。
         100回達成の場合500万円。

  ハ)防御率 :3点未満の場合1000万円
         4点未満の場合 700万円
         5点未満の場合 500万円
         但し、規定投球回数を満たすものとする。

4.05年春季キャンプ開始までに下記の理由で野球ができなくなった
  場合契約を解除する。
  イ)精神的、肉体的に野球が出来なくなった場合。 
  ロ)身体について死傷病を負った場合。
  ハ)公序良俗に反する行為を行った場合。

 こんな内容でした。出来高MAX5000万円。出来高を達成した暁には、来季の年俸も上がるので選手は高いモチベーションを持って野球に取り組めますね。

 でも、働く前の選手に払い過ぎだと思います。こんなお金の使い方をするなら入場料を下げて欲しいです。
 初回6点取ったけど、6点だけでは危ない気がしたのは僕だけでしょうか?確かに初回の6点は見事でした!アニキが打つと勢いが出ますなぁ。いつも足を引っ張る濱中君と関本君がこの時だけはアウトになりませんでしたからね。これは大きかった!タイムリーに打つ事は大事ですよ。

 昭和17年に敵艦1隻沈めたら手柄ですが、大勢決した昭和20年4月に敵艦5隻沈めたって焼け石に水ですからね。1回に仕事をした事については手柄です!

 4回のアニキの3ランは値千金でした!この3点がなかったら、中日は戦意喪失してなかったと思います。6点取ってたのに、この3点がスポーツニュースで大きく取り上げられていたのは、この3ランがトドメと見なされたという事でしょうか。

 濱中君は結局1回の1安打のみ。関本君は1回はうまい事四球、1安打は勝負が決まった後の数字合わせ。お二方、明日早出特打ち願います(今日早出練習しましたよね?)。

 
 投手ジャンよりもなぜ関本君、濱中君は打率が低いんですか!ええ加減にせえよ!相手が左投手だから右打者…なんて関係ないような気がします。阪神ファンはセカンドは関本と藤本併用ライトは林か桜井広大か桧山を求めています!

o(><;)(;><)o!

 特に6回1死1塁打者関本、こういう崖っぷちクンは見逃し三球三振はあきまへんわ。追い込まれたら臭い球はカットしなくては。空振りならいざ知らず、見逃し三振はダメダメです!大体2番打者はカット等細かい事ができて球数放らすのが2番打者ですから! 

 9回に安打を放った関本君ですが、大勢決した所で打つより6回のチャンスを広げる仕事の方が大事でした。6回は山本も本気で抑えに来たから関本君レベルでは打てないのも当然ですが…。山本にしたら9回は何となく打たれちゃったヒットだったのでしょう。

 しかし今の阪神打線…打者9人のうち、関本、濱中、投手、赤松の4名のアウトが確実…これでは苦手の名古屋ドームで勝てる訳がないでしょう。
 いざ行かんや 燃え立つ大地に 八木裕が 勝利を目指して♪ダメゲームの代表作「燃えろプロ野球」で走力MAXになっていたのが印象的でした。ファミスタだと打率が低いばかりに球が前に飛びにくかったのを覚えています。さて、代打での活躍が記憶に焼きついていますが、僕は真弓の方が打ったような印象を持っていますが。

 先発出場で28本塁打を記録した時もありましたが、比較的早いうちから代打専門になってしまいました。試合に出場する事が最高のトレーニング、経験になる事は明白ですが、代打になってしまってから息の長い活躍をした点は素晴らしいと思います。 

 日本テレビでアナウンサーと解説掛布氏のやり取りを覚えています。
 八木が好調だった時に、

 アナ「八木は好成績ですが、得点圏打率も見事3割を超えています」
 掛布「八木君は、そういう場面しか出て来ませんからね~」

 そりゃそうだ!ほとんどチャンスで起用されましたから!
 もはやボーナスステージとなった横浜工藤を打ち、阪神先発メンバーが皆打率を稼ぎました。一昨日、昨日にこの点差を分けたいところでした。弱いチームがたまに勝つ時って負ける時僅差、勝つとき大勝の傾向があるのが気になりますが今日は素直に喜んでおきましょう。

 小嶋が先週の巨人戦と良い、素晴らしい働きで井川の穴を埋めてくれるのではないかと思ってしまうほどです。大阪ガスからドラフト希望枠で入団、獲って良かったです、やはり逸材でした!社会人即戦力投手は違います!

 江草は1回で3四球も無得点、自分で散らかしたゴミを自分で掃除するようなまだ全幅の信頼が置けないところはご愛嬌でしょう。

 3タテ喰わなくて良かったです(^-^)。皆さん明日は移動日、ゆっくり休んで下さい。桟原君は2軍でしっかり鍛えて来て下さい。関本君・濱中君、今回は休息してもよろしいでしょう。
 リグス。昨年は夏場辺りから各球団警戒を強めたはずですが勢いがあったのでしょう、素晴らしい成績を残したリグス。今年はマークがきつくなるのは当然です。年俸大幅アップを勝ち取りましたが成績は散々。チャンスで凡退し、ヘルメット、バットを放り投げる姿に、全く余裕がなく成績が悪いイライラを感じ取りました。ラロッカを切ってリグスと契約したヤクルト、何とかしたいものです。

 ガイエル。全く泣かず飛ばずでリグス&投手陣と打率を争っています。岩村が抜け、外人2人が役に立たないヤクルトがここまでやっているのが立派です。
RIMG0355.jpg
 門倉。以前申し上げましたようにやはりこの人は使えません。阪神だったら中継ぎと2軍の往復レベルの投手です。昨日は飯原誉史選手に先制、むしろとどめの3ラン軽く弧を描いてレフトスタンドへ飛んでいきました。
RIMG0355.jpg
そして5回は満塁としたところで降板。「またかよ」「マジ使えない」という声がライトスタンドのあちこちで聞こえました。ベンチに下がる時1塁内野席から温かい拍手が全くなかったのは、ファンが不満を抱えている証拠でしょう。

 巨人ホリンズ。なぜ8番を打つ打率1割台の外人がいるのでしょう?鈴木尚広を使って欲しいです。足が速く脅威の一人です。さて、1回表巨人が守備に就く時の話。選手はサインボールをスタンドに投げ入れてくれます。ライトスタンドは皆ヨシノブの方を向いて「ヨシノブ~」「ヨシノブ~」とボールを要求していました、ヨシノブの球が尽きたところでやっとホリンズの方を向いたファンが多かったのが成績を物語っています。これが鈴木尚や矢野でしたら、ファンの要求が半々になっていたと思われました。
RIMG0352.jpg

 阪神先発陣は終盤になると、昨日の三浦と良い今日の8回のホセロと言い、投手に打たれています。阪神の先発陣は疲れて集中力がなくなってくると投手に打たれるのでしょうか。リードしてないからJFKは使いたくないところですが、やはり使わざるをえないのでしょうか。先発能見は村田を押し出し1点、鈴木尚の犠牲フライで2点。

 9回の桟原特に疲れてないはずなのに踏ん張れず。9回に4点取られて0-6になったらもう戦意を失います。0-2であったら、選手もファンもまだまだ!って気になりますが…。9回に1点取られたところでちょっと集中力が切れましたかね。

 打てない打線に責任がありますが、桟原君はグラウンド30周してから帰宅して下さい。
 今週木曜、知り合いが横浜スタジアムに行ったので様子を聞いてみました。彼はレフトスタンドに座ったとのことでしたが、那須野が登場した時、レフト側から大ブーイングはさておき、ライト側も決して温かい声援がこだました訳ではなかったようです。

 那須野がとりあえず「差額の4億3000万円(出来高分は勿論なし)はお返しします」と言わないのが不思議です。使途は何でしょうね(笑)。
 スコア4-6の9回大雨でコールドゲーム。あの雨は仕方なかったですけど、最後まで攻撃をやりたかった、残念でした。昨日はあんな形で幸運が転がり込んできましたが、今日は天候という如何ともしがたい相手、攻略のしようがありませんでした。禍福はあざなえる縄の如しを身にしみて体感しました。

 抑え込まれていた山本昌、川上を攻略しましたが、打ち込んでいた三浦の阪神戦は勝てないという呪縛を解いてしまいました。

 でも、今日は三浦が自らタイムリーを放つなど三浦の執念が少し勝ったのかもしれません。素直に三浦を称えましょう。でも、次はそうはいきませんからね…。
GO GO Let's go! 跳ねろマウンド 三振奪取
決まってるぜリーゼント 勝利だ三浦♪


 明日から気を取り直して戦って欲しいです。明日負けると4位になってしまいます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。