上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今の時期、まだ首位を気にする必要はないのですが、やはり首位は気持ち良いです・・・。
スタンリッジには謝らないといけません、私は使えるのはフォッサムで
スタンリッジは使えないと思っておりました。大変失礼しました。
途中から来たのに、もう7勝は素晴らしい!


ブラゼルはホームラン連発!ソフトバンクはパリーグですし、
日本新記録のホームラン王を取れるかもしれません。
平野、マートンが首位打者争いをしていますし、
みんな活躍しています。
巨人が落ちて来ましたが、中日が上がって来ました。
どうなるか分かりませんから、まずは下位チームからしっかり白星を取ること。
テレビ神奈川で甲子園の中継をやるか分かりませんが、明日も応援します!
スポンサーサイト
今日は完全に負けたかと思いました。
安藤は中継ぎに戻って日が浅いのでここでどうこう言うのは早計かと思いますが、
早計ではないって感じもします。
結果を出さないとまずいと思います。
そして、安藤が結果を出して商品価値が出た時こそ放出の時だと思っています。
私は安藤は阪神を出た方が活躍できると思っています。
安藤にとっても阪神球団にとっても良いトレードになると思います。


さて、無死1塁の場面で鳥谷。
真弓監督がよく打たせた、采配が冴えたとスポーツニュースで言っていましたが
采配が良いのとは関係ないような・・・。
まあ、勝てば何でも良いです。
今日はワーイと喜びます。


私が監督だったら、間違いなく送りバントさせてました。
失敗して1死1塁でも、足の速い鳥谷が一塁に残って上位打線なら何とかなると思いますから。


そもそも鳥谷は送りバントのサインを出されない人なので、
強攻策しかなかったのかなと思います。
とにかく、今のタイガースは何をやっても成功しますから
思い切りドンドン行くのが良いと思います。
ツイてないカープ相手ですからそれも後押ししてくれると思います。
今日勝ったから調子の良いことを言うのではありません。
好調タイガース打線であれば、デキの良い先発投手を7回辺りに捕らえられるのです。
セリーグにはダルビッシュ、杉内クラスがいませんから、
打線が相手先発投手に慣れてきて、その投手に少し疲れが見え始めたり
変調が出た頃捕らえるシーンが今後も見られると思います。



投げてみないとその日の調子が分からないクルーンを
9回の最初きれいな場面から投入せざるを得ない巨人は
今後もこんな形で星を落とすことがあるかと思います。
巨人の首脳陣が山口、越智をWストッパーにして
クルーンを使うなら中継ぎで使う英断をするなら
巨人が阪神を振り切ることも考えられますが、
おそらくクルーンをこのまま抑えで使うでしょう。
それならば、阪神の方が巨人より優位だと思います。
リーグ優勝、イケるかもしれません。


安藤は、03年に抑えで大活躍しました。
中継ぎで使えると思います。
どういう試合内容だったか知らないですが、プロ二軍がアマに負けるとはウケました!
阪神の二軍はそもそも甘い、ハングリー精神が全く感じられず、
多くの選手がダメになっていくのを今まで見てきました。
最初からプロレベルじゃない選手を取ってきたこともありましたが・・・。


これでハッキリしました。
最初から一応一軍レベルだった鳥谷は別として、若手が全く育ってきていません。
藤川球児、能見のようなタイプは別として(それでも相当時間がかかっている)、
育ったパーセンテージを見たら、阪神の育成力は相当低いです。
もうそれで良いです。
外から取れば良いんです。
平野、マートン、新井、ブラゼル、城島、金本、シモ、久保・・・
レギュラークラスは外から獲りましょう。


ドラフトは一応、良いと思われる選手を獲るようにしますが、
育ってこないなーと思ったら、トレードすれば良いんです。


アマに負けるレベルですから、一軍になんて上がって来られないわけです。
やっと分かりました。
そもそも阪神はタニマチが居過ぎて育成する土壌ではないし、外から獲るスタイルにしましょう。
なんら恥ずかしいことではありません。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100711-00000505-sanspo-base
この3連戦、2勝1敗は良かったと思います。金曜の試合は負けたかと思いました。
それを拾って勢いがつきました。昨日の試合も効果的に得点できました。
今日の試合は最初から巨人が主導権を取り、完全な負け試合でした。
金曜、土曜の試合とも完全に最初からペースだったわけではなく
よく勝ったなあと思う感じだったので、
今回の3連戦を2勝1敗で切り抜けたのは良かったです。



2.私は思いっ切り野球派なので、Jリーグを見てません。
そもそも、ロッテのサッカーっぽい応援は嫌いですし、
確か球界の盟主と自負している巨人もロッテやサッカーの応援をぱくる始末で、
「ロッテと巨人は野球のプライドがないの?」と思っていました。
それほど野球派です。


サッカー選手はワールドカップのために選手生活をしていると言って良いと思います。
一方、野球選手は五輪やWBCに勇んで出場して、
ケガして帰国したら「何やってんの」という雰囲気だと思います。
少なくとも私はそうです。WBCで調子をおかしくして、
ペナントで結果を出せなかったら本末転倒だと思っています。


私は長友選手がFC東京在籍だとか、中村憲剛選手がフロンターレだとか
そういうことを知りませんでした。
ところが、今回のサッカーはとても面白かったので、
私はサッカー場に行ってみたいと思いませんが、
スポーツニュースでフロンターレが勝ったとか負けたとか
今後、Jリーグの結果と順位くらいは興味を持つと思います。


日本においては、野球の人気、歴史が圧倒的なので、
野球ファンがサッカーに移動してしまうということはないと思いますが、
4年後のワールドカップで日本がベスト8くらいに行ったら
野球とサッカーの人気が入れ替わることがありうるかもしれないと思います。
野球のペナントを見飽きて、サッカー日本代表がブラジルやオランダと
互角以上に戦う姿の方が面白くなっちゃうことがあるかもしれないということです。


そう言えば、プロ野球っていつも同じ対戦だからなぁ・・・。
だからと言って、阪神タイガースがメジャーと試合したって、
ペナントじゃないから見てもつまらないですしね。
交流戦ができて、対戦相手が増えて良かったと思うのですが、
セ・パもう1球団ずつ増えるとか、
ペナントにおいて対戦相手が増える策があった方が面白いかもしれませんね。
安藤が帰ってきました。珍しく良い投球だったようです。
7回を1点に抑えました。
元々安藤は中日に相性が比較的良かった投手ですから、中日戦で復帰させたのは良かったと思います。
井端がいない、森野絶不調、ブランコはイマイチの中日打線ですから、
抑えて当然と言えば、当然なのですが、まあよく抑えました。


安藤は後半戦3、4勝くらいするかもしれません。
「来季に期待が持てる」なんて触れ込みで今シーズンが終わり、
オフにまたちやほやされて、オフトレを怠り、来季使えない・・・
というシナリオが想像されるのですが、覆してもらいたいところです。


タイガースの今日の勝ち方は、調子の良いチームの勝ち方でした。
8回に集中打を浴びせました。
昨日だって、完全に負け内容ではありませんでしたから
中日との対戦成績、相性を気にすることはありません。
今の戦力でしたらタイガースの方が上です。


今日は良い勝ち方でした、お疲れ様でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。