上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
能見が乱調でした、どうしたのでしょうか?

打線はよく打ちました。
まあ、三浦はかつての三浦ではありません、
もはやボーナスステージレベルですから
このくらい打って良いでしょう。
全員よく打ちましたが、金本、藤井よくできました。

藤井は苦労人だけに活躍して欲しいです。

能見、榎田、いったいどうしたんだ?
と思うところですが、たまにはこんな時もありましょう。

何とか勝ってよかったです。
明日から広島。
広島も調子悪いですから、勝っておきたいところです。


スポンサーサイト
清水直なんかに抑えられてしまいました。
こっちもメッセンジャーでしたから半信半疑でしたが
清水直はボーナスステージだ、今日は勝った~
と思ったのですが、低めの変化球が良かったようで。
ストレートも数字に現れないキレがあったようで。


新井が二死からチーム初安打の2塁打を放つも
打率2割の金本が返せず。


藤井、メッセが連続安打するも、得点できず。


代打桧山は消化不良のト投ゴロ。


7回、新井が無死から出塁するも
金本が最悪のダブルプレー。
そのうち、金本に代打が送られる時が来るのではないでしょうか。


金本は守備でも痛い存在です。
取ってあげたかった際どいレフトへの飛球も
容易に安打にしてしまいます。



一発で走者を返せるホームラン打者がいないというのも
タイガースは痛いです。
昨年、打線が打ちまくったのではありますが
飛ぶボールのおかげだったと言わざるをえませんね
(今季のオリックス後藤みたい)。


村田の一発は、スラッガーの良さを改めて実感しました。
村田は今オフ高値で他球団に買ってもらおうとしているので
全力疾走をしていますし、頑張っていますね。
スラッガーがいないならいないで良いけど
つながらないつなぎ打線では厳しいですね。


チーム状態がもっと悪い横浜が相手なら
今日は勝てるはず。
ナゴヤドームで勝てないんだから
横浜から確実に勝ちたいところです。
今季から飛ばないボールに変わりました。
昨年ホームランを打って、
「自分はホームランを打てるんだ」と思った選手は
今季苦戦しているのかなと思います。


西武×オリックス、西武ドームに行ってきました。
私はオリックスの応援が好きなので
オリックスの応援を聴きに行ってきました。


今年のオリックスの打線は
先日、サヨナラを連発した時みたいに
つながれば良い結果が出ます。


ただ、後藤のホームランは2本、T-岡田が何とたったの9本。
後藤は特に、飛ぶボールの恩恵を受けたクチでしょうか。
T-岡田は研究されていることもあるんでしょうけど。


後藤は本来、長距離打者ではなく
中距離打者で、大きいのを狙わない方が
良い結果が出るタイプです。
多分、後藤も分かっていると思いますが
それにしても今年は打率も低いのは驚きでした。


慣れているオリックスでこの成績ですから
移籍していたら、もっと成績は落ちていたはずで
そして、チャンスももらえなくなっていたはずです。


後藤は応援歌が特に好きな選手なので
これから盛り返してもらいたいです。


フィガロを引っ張って、5点取られた岡田はん、
阪神時代に先発アッチソンを引っ張って
序盤に大量得点を取られた時に似ていました。
でも、フィガロは身体能力が高く
伸びしろがあると思うので、
「自分で切り抜けて来い!」ということだったんだと思います。


それにしても、すごいのが西武中村。
この時点でホームラン24本です。
飛ばないボールでこの成績ですから
日本一の長距離打者であることは間違いありません。


わがタイガースの新井君、
もうホームランは完全に期待していません。
昨日のタイムリーのように
おっつけて右前に運ぶのが真骨頂だと思います。


投手成績、セリーグ選手のホームランの少なさから
飛ばないボールは効果があったと思っていましたが
球場で改めて実感しました。


最後に、本日の球審名幸さんかっこ良かったです。
良い調子です。投打が噛み合っています。
藤井がとても良い活躍をしていると思います。


藤井はあの顔が投げやすいということは
藤井を取った時に、スポーツ新聞で読んだのですが
それは本当だと思います。


城島のようなあくの強い顔、個性だと
投手が城島を認めて、
城島の構えたところに、信じて投げ込むのは
少々難しいのかもしれません。


一応まあまあの実績を残したメジャー選手ですから
認めないわけにいかないし、
昨年並みの数字を見せ付けられれば
認めないわけにいかないのでしょうが、
今年の成績の城島に何か言われても
おいそれと言いなりになる気にならないのでしょう。


それならば、藤井の方が
同情に値する事情で加入してきたいきさつがありますし
年齢もかなり上ですし、
城島の言うことより、
「藤井さんが言うなら・・・分かりました」
という気にもなるのでしょう。


WBCの時、城島が日本の正捕手となり、
阿部慎之助が城島と火花を散らしたことがありましたが
懐かしい思い出ですね。


とにかく、今チームが調子良いですから
真弓の浅知恵で変にいじらないでもらいたいです。
この3連戦はよくやった!


エステナードソニックはこちら。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。