上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TBSの『戦力外通告』、毎年面白いですね。
あれだけ多くの選手がドラフト指名されるのですから
その分、去る選手もいるということですからね。


元阪神杉山は、ブルペンエースと言われていました。
1シーズンだけ輝いた年がありましたが、
それでもあの程度でした。
あの年があっただけでもありがたいと思えれば
これからの人生を幸せに生きられると思います。



大城は存在だけ知っていました。
いつの間にか福岡に行っていたんですね。
NPBに入れたこと自体が奇跡と言える選手だと思います。
阪神得意の、本当に欲しい長距離打者を取るという訳ではなく
「何に秀でているのかよく分からない選手を取る」の典型だったと思います。



木下。
球がそれなりに速く、変化球がまあ良い投手ですが、
来年もまた番組に登場すると思います。


古木。
私個人的には、NPBに復活を果たして欲しいと思っています。
NPBはプロ中のプロがしのぎを削る場ですから
2年のブランクは厳しいものがあります。
しかし、紆余曲折を経た古木の復活物語を見てみたいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。