上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 イチロー、松坂は比較的のびのびやってきた野球人です。松坂はイチローを徹底的に追い求めています。イチローもそれに応えたいとメッセージを返しています。

 一方、ゴジラ松井は日本シリーズで松坂と対戦したものの散々に打ち取られています。しかし、松井のコメント「でもチームは勝ちましたからね」。

 ここに温度差が見えます。

 イチローはオリックスの時から好球必打で、弱いマリナーズの中でどうやってモチベーションを上げるかが大切と言っていました。松坂も自主性に任されて(路駐肩代わり事件等に見て取れる)勝負を楽しんで大きくなった投手です。

 一方、松井の所属した常勝を求められる巨人はカウント3ボールナッシングから振ると罰金だと言います。そして名門ヤンキース。マスコミに対する受け答えが完璧な松井。制約の多い中で実績を上げた彼は勝負よりもチームの勝利に貢献しなくてはならないという価値観なのでしょう。昨年のWBCに対する思いの相違というものもあるかと思います。

 だから松坂は「イチローさん、イチローさん」って言うんだと思います。

 どちらが正しいという事はありません。少々噛み合わないのかなと言う気がするだけです。松坂が松井を打ち取った場合、松井は前述の日本シリーズの時のコメントと同様、感情を表に出さないような気がします。そんなところに、松坂は「もっと悔しがれよ」と思うような気がするのです。
Secret

TrackBackURL
→http://deadea2.blog68.fc2.com/tb.php/136-2b9fa3b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。