上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 球際に強いシーツの守備。さすが広島時代ショート、セカンドをやっていただけの事はあります。宮本は追い込まれると右打ちするから準備は出来ていた…なんて助っ人らしからぬ素晴らしい心構えだと思います。ボギーの投球、バッティングも◎です。相手投手はバッティングの良いボギー、ジャンが打席に立った時、一応気を引き締めるでしょうが、秀太、赤松相手の時よりは気が入ってないでしょう。阪神は9番目の打者の時も大チャンスなのは大きいです。

 古田監督は昨年の岩村の3塁ベース事件の事もありましたし、審判団への不満が溜まっているようです。「みんな見えてるのに見えてないのは審判だけ」と古田監督は言ってました。打者に打球が少し当たったと言うのは、確かに球審から見にくいです。昨日は審判4人で合議した結論なのかどうかは知りませんが、接戦だっただけにヤクルトにとってスッキリしなかったのは残念でした。

 98年の横浜は8回までに1点リードしておけば勝ちでした。今の阪神はJFKが抑えてくれますから98年の横浜に近い状態です。久保田が昨日見せた伸びのある直球、鋭いスライダーが戻ったのは大収穫です。あとは打線です。つないでクリーンナップでドカンと返せる厚みのある打線のはずなので打線に期待です。

 負ける時の大差負けは膿を出し切る意味で調度良い。この3連戦、接戦をモノに出来たのは◎です。
Secret

TrackBackURL
→http://deadea2.blog68.fc2.com/tb.php/161-f57a8041
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。