上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かなり劇昂していましたが…。大矢監督もあそこまで怒るとはよほどのことです。似てませんか、あの時に…
人気blogランキング
 そう、昨年夏、矢野捕手の退場劇ですよ。今回は反対になりました。ナッシングの裁定に不満を持ったファンが多かったようです。僕も「おっと!」と思いました。真実は、現場にいた選手、審判員が一番良く分かってるんじゃないですか。
 
 今までの判例からすると退場になる程に怒ったチームの言い分は正しい事が多いと思います。ちょっと言ってみただけ、とは訳が違います。

 ただ、審判員も辛いんです。後で何が真実だったか分かってしまいますから。裁定出しちゃった後「しまった~、あれはセーフだったかな…」と思って反省してるんです。

 ああいうケース、ビデオは見られないし、すかさず裁定を下さないといけないし、一度出しちゃった裁定は覆せないですので後で「しまった…」と思う事はあります。僕も文句が出ないならば、裁定をひっくり返したくなる事もある程です。

 昨日は審判4人の合議があったかどうか知りませんが(因みに合議の結果は絶対の絶対です)、「しまった…」と思っているところに、熱く抗議されたら審判だって絶対に引き下がれないんですよ。「一度出した裁定は覆せない」と規則にありますし、混乱を招かぬためにそれを通すしかないんです。

 野球は目視で行われるスポーツであるとなっており、審判員は試合を遂行する権限を持たされています。ビデオ判定全面導入になってしまうと相撲の行事のように大した権限のない飾りになってしまいます。

 昔のように際どいコースは長嶋、王が振らない球がボールなんて時代はもう終わってます、そういうホームに有利だとかいうのもあえません。プロ審判員の代わりになる審判員はいませんのでその人がそういうなら仕方ない部分もあると思います。

 因みに、僕は横浜を応援していました。好調日ハムに連勝できたら大変な事だったと思います。横浜は敵地で良くやったと思います!
Secret

TrackBackURL
→http://deadea2.blog68.fc2.com/tb.php/225-f2e045d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。