上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の千葉ロッテ×阪神戦(B)でモメましたが、野球規則7.09(j)に

走者が打球を処理しようとしている野手を避けなかったか、あるいは云々…。

とあります。Aの試合はこれに該当すると思います。1塁走者は仁志を避けてなかったようにも見えましたが…。

Bの件についてはさらに原注があり、

捕手が打球を処理しようとしているときに、捕手と一塁に向かう打者走者とが接触した場合は、守備妨害も走塁妨害もなかったものとみなされて、何も宣告されない。

とあります。お互い故意に悪さをしない限り成り行きという事になります。僕は見てないので何とも言えませんが、よくボール球を避けたように見せかけて背中に受けて死球を狙う打者がいますね、球審は見抜いてボールを宣告し死球になりませんね。そういう風に審判は分かっていますから、昨日の件は裁定の結果で良かった可能性が高かったかと思われます。因みに阪神に不利な裁定でしたが。
Secret

TrackBackURL
→http://deadea2.blog68.fc2.com/tb.php/230-bde4071b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。