上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とある週刊誌に先日の佐賀北×広陵戦の審判の記事が載っておりました。中には佐賀北に有利なように判定できる審判がいたとしたらそっちの方が名審判だと擁護するコメントがありました。こういう意見がある反対側で
人気blogランキング
FC2 Blog Ranking
特待生問題に無関係の佐賀北を優勝させたかったストーリーがあったような事が書いてありました。お分かりのように、この話があってあの判定が出たのでなく、あの判定があったからこんなストーリーが出て来たのです。


 そして審判員の品格、技術向上が求められるとも書いてありました。私はどこをどう指導すればあのアマ最高峰の審判が更に向上するのか、と思います。人間の限界と思います。どこをどう向上すれば良いのか具体性が全く見えず、おそらく言った人も「よく分からないけどミスしないようになれ」と言っているとしか思えません。


 その昔…今もそうですが警察の拷問を受けると、何人もの捜査員に囲まれ「お前やっただろう×100回以上」言われると犯人でない容疑者は自分がやったような気がして来て「やりました」と言ってしまう人がいたそうです。人間は時として理由が説明出来ない行動をしてしまうものです。


 確かに、誰がどう見てもセーフなのにアウト!と言ってしまう熟練の審判がいます。これは、人間とはミスをする生き物、人間の限界だと私は思います。あ、もっとも私がミスしたら「もっと勉強せい!」ですがネ。


 また年齢制限を設けるべし、とも書いてありましたが、そうなると若い審判員が増えます。圧倒的に経験が足りない審判員にチャンスが回りますのでその結果はどうなるか…。私は年齢制限はナンセンスだと思います。上に昇り詰めた人間は、自分が必要な人間なのかどうか分かりますよ。政治家のように頂点でふんぞり返っている人は一人もいませんから。


 審判員をやっている人で、高慢な人はいません。技術の低い私より、技術の高い先輩審判員、責任ある試合をする審判員ほど、いつもいつも「ああだ、こうだ」反省会をしている世界です。


 私は、あのアマ最高峰の審判員のどこをどう直すプログラム、研修が存在するのか知りたいです。
Secret

TrackBackURL
→http://deadea2.blog68.fc2.com/tb.php/331-00abb0dc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。