上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GG佐藤は、昨シーズンようやく活躍しましたが、今回の交渉でこれほどまでに希望額をゴリ押ししている理由を
考えてみました。
その成績は2割8分、25本(確か)。
並の成績の、実質1年目でこのゴリ押し交渉は
尋常でないですが…。


 考えたところ、もしかしたら実力よりも人気者
片岡(3600→5700万円)、栗山(2000→3300万円)が
大幅UPを勝ち取ったからかもしれません。


 片岡は盗塁王を獲ったとは言え、
前半戦の極度の不振でした。
片岡が試合に出ないと西武ドームに観客が集まらないからと言う理由で
(としか考えられない)
2番セカンドを固定してもらって
何とか試合に出させてもらっていた次第です。
そして、その不調の責任はあまりに重いと思います。
私は良くて現状維持、もしくはダウンだと思っていました。


 栗山も準レギュラーだったのに
こんなにUPしてしまいました。
まあまあ栗山は活躍しましたが、栗山クラスが
4番GGと年俸がさほど変わらないのは
確かにおかしいです。


 実力者G・G・佐藤(まだ半信半疑だけど)
にしてみたら、「自分にも出せるだろう」と思うのは当然だと思います。


 これでは日本人若手選手同士の
不協和音を生みますね。
昨年のチームスローガン
「心を一つに 力を一つに」
なりませんね。

 
Secret

TrackBackURL
→http://deadea2.blog68.fc2.com/tb.php/459-0a3a24fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。