上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1.ベイスターズ低迷A級戦犯佐伯貴弘。今日1本タイムリーを放ったが、2打席目に凡退した時、レフトスタンドの声がシーズン当初と比べて大分変わった。「働け!」「打てよ!」等イライラの声が強い。

頑張れ!という応援の声はさすがに有効期限を切らしているらしい。

2.6回表スコア0-2、2死1塁。打者ベイスターズ低迷A級戦犯その2種田。少ししか避けなければ死球の投球を避けやんの。で、結局アウト。打つか4番につなげないなら避ける真似だけして当たれよ(この要求はムチャかな、藁)。

この次の打席で安打しましたが、年俸に見合いません。

でも種ダンスは盛り上がります!!

3.ミスターベイスターズ金城は7回表反撃ののろしを上げる10号ソロ。これで横浜のホームラン2桁打者は4番村田に次いでなんと2人目!

4.8回表、1死2塁2番小池が逆転2点本塁打。小池は中学時代松坂のライバル、横浜高校では同僚。まだまだ伸びしろ十分、さすがの男です!

5.1点リードの9回裏クルーン登場。
四球、安打、内ゴロ、四球で満塁。ストライクが入らなかったクルーンは2個目の四球の時、有隅球審に喰ってかかった。

そして、岩村を力で三振に封じた迄は良かったものの、イライラが募っていたクルーンはラミレスに2点サヨナラ打。

早々にベンチに引上げた後、レフトポール際へのっしのっしすごいスピードで闊歩、出口の所でグラブっぽい物を投げて大荒れ。判定へのイライラだったのか、自分へのイライラか分からないが試合終了後も大炎上でした(>_<)!

Secret

TrackBackURL
→http://deadea2.blog68.fc2.com/tb.php/48-15b23ccb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。