上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パリーグの順位予想をしてみました。個人的には楽天に期待しています。
                           
順位 チーム      管 理 人 寸 評
優勝千葉ロッテ  抑えが抜けたのは痛いが、成瀬、渡辺俊介を中心とする先発陣を打ち崩すのは難しい。ピークを過ぎて調整が遅れているが経験豊富な清水を抑えで使うのも面白い。  守備は、里崎を中心にまとまっている。センターラインがしっかりしており、里崎が抜けても橋本がいるのが心強い。  打線は短打に徹するが、里崎、サブローが良い所で打つ。
日本ハム  ダルビッシュを中心とした先発陣が安定。勝利の方程式がしっかりしているのが心強い。  外野は鬼。中田は堅守のチームの中で鍛えられる、大丈夫。  打線は稲葉を中心にミートを心がける。チャンスをモノにする堅実な打線。
東北楽天  マー君は周りに好影響を及ぼす人物で、今年も更に上昇。マー君にライバル心を燃やす永井、18番を剥奪された渡辺の奮起期待。朝井の落差のあるカーブは芸術。抑えが課題だが、楽しみの部分の方が大きい。  守備は、山崎、フェルナンデスが危なっかしいが、鉄平の守備範囲の広さ、礒部の鉄砲肩は強み。  山崎に昨年並の活躍は酷。その分渡辺直の飛躍、鉄平の復活を期待。得点圏打率No.1の高須が地味であることは幸い。
ソフトバンク  エース斉藤の復活が鍵だが、和田、杉内は計算できる。投手力に問題なし。  いつまで経っても捕手が育たない。センター大村のモチベーションダウンが心配。自分のためにやることがチームのためになる。  打線は、何と言っても松中がどこまで復活しているかにかかっている。
埼玉西武  涌井以外未知数。中継ぎ、抑えが弱いので、先発陣は勝ちたければ、自分で投げ切るのが一番。  和田、カブレラが抜けて守備は堅くなるはず。守り切る野球になる。  打線は爆発力が落ちる事は確かだが、機動力野球に活路を見出す。   結局、松坂資金でチーム力をUP出来ず、外人もハズれ、福地も取られ、昨年のFC会員募集政策は単なるダンピングで集客作戦機能せず。フロントの戦略はことごとくハズれる。ナベQ監督は好感度抜群だが苦戦は必至。
オリックス  先発が良いだけに、先取点を取って勢いを付けたい。  パリーグの球場はどこも広いのに守備は全く考えていない布陣。他球団なら全員DHレベル。85年の阪神をモチーフとしているのか、いくら85阪神が打ち勝つチームだったとは言え、意外と堅守だった事は忘れられている。  コリンズ監督があれだけ機動力野球を唱えているのに…。フロントの迷走ぶりは12球団一。 「野球は会議室でやっているんじゃない、現場で行われるんだ!」コリンズ監督談(?)。
Secret

TrackBackURL
→http://deadea2.blog68.fc2.com/tb.php/493-5b7aa019
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。