上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1.3回表横浜小池選手の機転:1死1、3塁(小池)。4番村田が3塁へゴロを打った。村田の足では5-4-3のWプレイを読んだ小池はわざと3塁ベースを 3塁岩村が気にするように 飛び出した。

万一、1塁セーフになったら1点取られてしまうこのケースに、3塁岩村は小池挟殺を試みる。小池はアウトになるが、2死1,2塁を5番吉村に託した小池の機転はさすが。

今季は不振の小池だが、中学時代に松坂大輔に苦杯を舐めさせた瞬間的なそのセンスを垣間見られた。

2.6回表無死1,2塁種田2ゴロ併殺。今季は全く精彩を欠く。年俸大幅増と昨季終盤女性問題が発覚した事(有体に言えば、女を遊んで捨てた)でオフの練習に身が入らなかったか。

3.7回裏センター吉村が中飛を捕球、3塁走者タッチアップ、ホームにワンバウンド送球を狙ったが、送球がマウンドに当たった。以前高橋由伸が甲子園での阪神戦でバックホームし、鳥谷の好走塁で生還したケースがあったがそれと同様、センターがバックホームをする場合はレーザービームで送球するかマウンドを読んで投げないと走者を刺せないようだ。

4.9回表4番村田決勝本塁打。中継ぎ投手陣の弱いヤクルトの弱点を突き一発で試合を決めた(その裏、同様に横浜も中継ぎ陣の弱さを露呈し非常に危なかったが)。やはり4番の活躍で勝利するとチームが活気付く。横浜は、田代以来の頼れる大型内野手が育った。
Secret

TrackBackURL
→http://deadea2.blog68.fc2.com/tb.php/53-c5d4872a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。