上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まず、ホームの方の監督さんの怒号が毎回すごいです。しかし、選手達は素直に従っています。その忍耐力は今後の人生において必ず役に立つと思いました。

監督の言ってる事は間違ってないです。言い方は厳しいです。しかし最近流行ってる逆ギレなんてする生徒はいない、世の中の退廃した高校生は、ぜひ忍耐、こういう子たちがいる事をぜひ知って欲しいですね。

今日は一塁塁審をやりました。

メモ

1.クロスプレイは、ジェスチャーを大げさにした方が説得力が出る。

2.1塁牽制で、1塁走者はスライディングではなく足でベースを踏む感じで悠々と帰塁したが踏む前にタッチしたと見えたのでアウトを僕はコールした。セーフに見えるが僕は論理的にアウトだと思った。

3.ライト前ヒットの時、僕は判断を誤り、送球ラインに入ってしまった。2塁塁審がダイヤモンド内にいる場合、1塁塁審はダイヤモンド内に切り込む必要はない。

4.生徒が2・3塁塁審をやったのだが、彼らは際どい裁定を的確にジャッジする。どっちだ?!!と思ったところで、彼らのジャッジ「今のはそうだな!」と思う。一言で上手い。僕も負けていられないと思った!
Secret

TrackBackURL
→http://deadea2.blog68.fc2.com/tb.php/55-f4f8c9ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。