上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 記事で読みましたが、クソボールをストライクとコールしたようですね。日本の審判員が報復をすることは
人気blogランキング
FC2 Blog Ranking
考えられませんが、
メジャーの審判なら十分に考えられます。


 ディミューロ審判員は、
大豊が現役だった頃、日本に来た研修生。
その時、大豊がデミューロの判定に抗議したら、
次打席で明らかなクソボールをストライクとコールされてしまった
事がありましたね。


 試合終了後、控え室だか廊下だかで
ディミューロ審判員が囲まれて(誰が囲んだかは失念、とにかく大豊側関係者)、
ディミューロ審判員は「殺意を覚えた」とコメントし
そのまま帰国してしまった事件がありました。


 井野現セリーグ審判部長は後で
「あそこでかばってやらなかったのは失敗だった」
と言っていたのを私は目にしました。


 完全な私見ですが、ディミューロ審判員は、
報復したと思います。おそらく日本人に対して
悪い印象を抱いたままなんだと思います。
そして、彼はメジャー審判員になりました。
研修生だったあの頃と地位も名誉も権力も違うのです。

 
 日本とアメリカでは審判員の権威、地位は全く違うので
報復と聞くとまさか、と思うと思いますが
あちらでは至極当然の事なのです。

 
 私は記事を読んだ瞬間、
やられたな、と思いました。
そして、メジャーにまで上り詰めたディミューロ審判員の執念は
すさまじいものがあるかもしれないと思いました。
メジャーの審判員は超エリート。
エリート中のエリートなのです。
ジム・エバンス審判学校、ビル・キナモン審判学校等に
通う生徒は皆メジャーを目指しているのです。
報復ストライクなど訳ないのです。


 とにかくディミューロは日本人にとってやりにくい
審判員かもしれません。
ただでさえ、メジャー審判員は、ツーストライクになったら
どうやってカッコ良く
ストライクスリー!!
のコール、ジェスチャーをするか考えているそうです。
追い込まれる前に打つしかないですね。
人気blogランキング
FC2 Blog Ranking 
 
Secret

TrackBackURL
→http://deadea2.blog68.fc2.com/tb.php/582-e26159e9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。