上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 日本選抜チームでの試合数が少ないので、確かなことは分かりませんが、不安点を挙げるとしたら
選手が全員が全員、チームの中心である
事のような気がします。
というのは、今季の阪神タイガースの快進撃の一つに
2番平野が挙げられると思います。


 平野選手は、自分の数字よりも
赤星の足を生かし、新井につなげる事を
心の底から考えています。
2番に平野がいることで
1番、3番の力が1.5倍、2倍になっているのです。


 その平野の貢献度を監督もファンも
十分に評価しています。
4番を並べても機能しないということは
巨人が証明し、
野村ノートにも「犠牲的精神を持った選手が必要」
と書いてあります(私もそう思いました)。


 星野ジャパンは各チームの4番ばかり並べてはいないですが
チームの中心選手だけが集まっています
(そうしないと世論が納得しないから
それは仕方ないんですけど)。


 私が思うのには、例えば中継ぎ
マー君を中継ぎで使いたいから、と
ムリムリ参加させる事となりましたが、
投手陣は、各チームのエースを集めた恰好になっています。


 私は、中継ぎには、中継ぎのプロフェッショナル
日本ハム武田久、西武岡本、ヤクルト押本、
巨人豊田辺りが居て良いと思います。

 
 派手な成績の投手を集めて、
先発しない投手の中から中継ぎを選んで、
うまく回転するとは思いません。


 ただ、負けた時、皆を納得させるためには
この布陣しかないと思います。
ここに、大きな落とし穴があるような気がしています。
Secret

TrackBackURL
→http://deadea2.blog68.fc2.com/tb.php/627-a8d7f742
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。