上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨今、辞退者が続出し、野村監督がボヤいていたが…。イチロー選手みたいにペナント以外の試合に積極的に出場すると男が上がる。しかし、いつかの巨人上原投手のように、日米野球でメジャーを体感し自分がメジャーでやれるかどうか測る等目的がない限り、モチベーションを持って出場快諾するのは難しいと思う。

野村監督は「選ばれたんだからファンのために出場すべき」って言っているがそれも難しいと僕は思う。落合監督だって「打つのはファンのため、とは言うけれど、違うだろう。自分のためだろう。」と言っている。更に、落合監督は現役時代チャリティー野球(?)みたいなのの出場を辞退している。そして、藤川球児投手がこれ以上、今季試合に出場する事が出来るだろうか。

結局、無理して故障して来季活躍出来なかったら、それだけどポジションを失うどころかトレード、戦力外となる可能性があるのだ。横浜多村選手はWBCでケガした訳ではなくペナント中にケガしたが、今季結果を残せなかった。復帰しても若手の台頭で居場所がなくなってしまったのだ。WBCでケガしていたら「あんな余裕をコイてこの様だ」と言われたかもしれない。

因みに、今季覇者の中日は福留、谷繁を送ったが、福留は松井秀喜の代理であった。

結局、今季結果を残した選手はメジャーを体感したいと思わない限り、一銭の得にもならないお祭りには出ないだろう今季名誉失墜した横浜多村、種田、巨人仁志のような選手が活躍して「どうだ!」とアピールする場になるかもしれない。あるいは、横浜村田、吉村のように今季活躍したものの実績のない選手が「今季の活躍はマグレではないんだ!」と言うために出るかもしれないが。

いずれにせよ、普段仕事をしている戦士が、会社のため、お客様のために、休日無償労働はしない選択肢は当然有りでしょ。

ただ、1位の新庄選手は「辞める者が出るのではなく、後輩に道を譲る」と言っているが、それは違うと思う。もうハッスルプレーして怪我したって来季はないんだし、恩師が監督なんだし、出場して下さいっ!!北の大地の星となれ~♪
Secret

TrackBackURL
→http://deadea2.blog68.fc2.com/tb.php/68-d18f676b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。