上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石井琢が広島に決まりました。このまま引退はないだろう、どこが取るんだろうと思っていました。
誰が見ても横浜の解雇はおかしかった。
おかしな解雇の場合、どこか採用する球団があるものです。
内野の層を厚くしたいという広島でしたね。
同じセリーグだから対戦が楽しみです。
横浜は石井にギャフンと言わされると思います。


 一方、種田のように誰がどう見ても
「クビだろ」と思うような選手の場合
どこも取りません。
残念ながら、選手枠を1つ使ってまで取りたい選手ではないでしょう。


 私の中で種田はちょっと残念な選手なのです。
04だったか05年に1億円プレイヤーとなり
「1億円は一流選手の証」と言って、
その時の種田の喜びようは相当なものでした。


その好調な年のシーズン終盤、週刊誌に私生活の記事
が載りました。足元を見てないように私は感じました。
で、オフに1億円プレイヤーとなりました。
その年のオフは練習しなかったんでしょうね。
あるいは慢心したんでしょうね。


 翌年(だったかその次の年か)には元以下の種田に。
セカンドを争うにも、意欲満々の仁志に勝てるはずもなく、
種田は転がるように落ちて行きました。


 種田に限らずですが、トライアウトというものはあるものの、
各スカウト、その場で掘り出し物を探すと言うより、
今迄さんざんプレイを見ている訳ですから
ここに来て大きな変化がある訳でもなし、
ある程度 取る選手はあらかじめ決まっていると思います。
そのめぼしい選手の動きの確認だと思います。


 石井琢のシーズン中のプレイ、存在感は
まだまだ野球界に必要と思われているという事です。
東出の残留が決まり、セカンド東出、ショートソヨギで
基本固定ですが、石井琢なら割って入れるでしょう。
ともあれ、移籍おめでとうございます!
Secret

TrackBackURL
→http://deadea2.blog68.fc2.com/tb.php/685-6a159482
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。