上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安藤。数字は13勝をマーク。しかし、肝心なところで打たれるし
4回で代打出されちゃうほど信頼感はないし、
完投できないし、安藤にそこまで強調材料はないと思います。


野手の評価が高く、投手の評価が低いと思っているようですが、
阪神球団の投手陣に対する評価は妥当だと私は思います。
阪神球団は、ちゃんとした投手にはちゃんとした額を出しています。
井川しかり、藤川しかり。


野手の評価が高いと言っても、
甘いのは鳥谷、桜井、林、狩野くらいです。
確かに、期待料がちょっとおかしいと思う部分がありますが…。
でも、安藤も期待の自由枠ですから
もう少しシャン!とすれば、エース扱いになって
井川のような高給取りになれたのです。
そして、これからもなれるのです。


登板回数について、安藤自身最高146回(05年)を上回るのが強調材料とか
「投球回数を数多く投げるということは信頼されているということだと思う」
と安藤は思っているようですが、
何と、スケールの小さい事を言ってるんだ、と思います。


真のエースは、200回を超えていますし、
井川も200回を越えて、インパクトのある勝利を
つかんで、皆井川が阪神のエースだと思っていました。
井川が在籍していた頃、阪神ファンでエースは
井川じゃないと思ってる人は一人も居なかったでしょう。
皆安藤にポスト井川になって欲しいと思っていたんです。


伸び悩んでいる阪神の投手たち
(安藤も伸び悩んでいると私は思います)、
ダルビッシュや在りし日の井川たちに比べて
低い意識の中でやってるんだろうなあと思ってしまいました。


今年の安藤、数字は良いけど
内容がイマイチというか、足りない。
今7800万円ですから
9800万円と私は予想します。
Secret

TrackBackURL
→http://deadea2.blog68.fc2.com/tb.php/697-d490d435
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。