上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
萩原達也さん(袖番号17)が、残念ながら審判登録を抹消された模様です。審判友達から審判員情報が送られてきて、その中に書いてありました。
ウィキペディアにも萩原さんが辞めたことに関する記述は
今現在ありませんので、HOTな情報だと思います。


私は3年前神宮の岩村の本塁フォースアウト事件を思い出し、
「あの時の人か?」と思い、その友達に聞いたら「そうだ」と言うので
ウィキペディアで確認したら、他にもいろいろあったようですね。


人間誰もがそうだと思いますが、萩原さんは特に引きずってしまう
タイプだったのかもしれません。私も引きずりまくって1試合で2回も
ミスしたことが2度もありますから、萩原さんの心中を察します。
私の場合は草野球だったから良かったものの・・・
(草野球はとにかく審判が足りない、
選手は「審判をやってもらってる」という感覚があるので
抗議はあることはあるが、それほどでもない)。


そして、プロ審判は職業ですから、
審判員の生活がありますから、辞めさせる場合はよっぽどの時です。
ミスしたからと言って辞めさせたのではキリがありませんからね・・・。
萩原さんは部長とも色々話して、ご自身の性格、今後のことを
考えての結論だったのでしょう。


審判員は猛烈なアピールを受けることがあっても
ナイスジャッジ!などと労われることはありません。
怒られることはあっても、賞賛されることはないのです。


私も観客としてプロの試合クロスプレイを見ると、
「へ!今のアウト?」などと思ったり、言ったりしてしまいますが、
審判員をあったかく応援したいものです。
Secret

TrackBackURL
→http://deadea2.blog68.fc2.com/tb.php/707-9cf42e68
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。