上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハマスタ行ってきました。三浦と久保なので投手戦を期待しました!一応そうなりましたが…。1回、赤星が本塁で憤死!赤星ならセーフになると思いましたが…。これは仕方ない、残念でした。満塁でブラゼルも面白かったですが、二死でしたし、赤星でしたし、突っ込むのは当然と言えましょう。赤星は吉村に相性悪いですね(笑)
審判
4回阪神のピンチ。細山田を歩かせて三浦と勝負した場面。
ベンチの指示なのか、狩野の考えなのか知りませんがあれはいかん。
細山田勝負です。細山田は1割5分。投手のようなものです。
むしろ、自分で点を取ってやる!と気合の入った打者三浦より
細山田勝負の方が絶対にラクです。
ランナー1、2塁で細山田を歩かせて、3塁に走者を進めたことが私は気に入らない。
そして、気合の入った三浦が私はとても怖かったです。
結果オーライだから良かったではありません。
この逃げの気持ちが良くない。


この逃げながら勝負という気持ちが7回に敗因につながりました。
1死走者なし、打者三浦。
久保はちょっと気を抜いたように見えました。
三浦は本気でかっとばす気持ちで打席に入る投手ですから
そんな気持ちではダメです。


2死を取って打者森笠。
バッテリーはなぜか森笠を歩かせてジョンソン勝負。
私は絶対に森笠勝負だと思いました。
森笠の打率は.195。投手よりちょっと打つくらいです。
満塁にしたからって打ち取れるものではありません。
ジョンソンには際どいところがことごとく外れ、苦しい展開になり
結局押し出し。最悪です。



森笠を歩かせたならそこで江草に交代にしてました、私が監督なら。
4,5番は左ですし。



結局三浦には相性というものがありますが、
阪神のオファーを断ったし、絶対に阪神キラーであり続けると言った
三浦の絶対の気迫に負けた気がします。


8回三浦が打席に立った時、ライトスタンドは三浦が続投することを
喜んだ拍手が沸き起こりました。
三浦は横浜において絶対の存在であり、三浦も阪神に絶対勝ってやるという
気迫を私は改めて感じました。
審判
そんな三浦に、逃げ腰の勝負ではダメなんだ。
分かったか、久保、狩野!


それと、首脳陣!
CSに行きたいんだったら、
2勝1敗だからまあ仕方ないかなんて思うなよ。
今まで負け過ぎていたんだし、
巨人と中日に相も変わらず勝てないんだから
こういうところで3連勝する気持ちじゃないとダメなんだ。
真弓、わかってるか?



最後に、diana菅野真実さんです。
ディアーナ 菅野真実
Secret

TrackBackURL
→http://deadea2.blog68.fc2.com/tb.php/759-59716883
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。