上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岡田はんが矢野の状況を案じています。オファーがあるなら、矢野はオリックスへ行った方が良いと思いますし、行って欲しいです。
阪神タイガースからしてみると、右の代打、城島の控えとして貴重ですが、
矢野の野球人生を考えたら、絶対にオリックスで正捕手の座をつかみ
活躍すべきです。


八木は現役時代の終わりに「足腰が弱ってくるから」と
甲子園のスタンドの階段を上り下りしていました。
捕手はしゃがみますし、とにかく体を使わないと
衰えが加速します。
気力も萎えて来ると思います。


城島がいなければ、狩野なんてまだまだ、
ベストの状態であれば矢野が正捕手です。
城島と矢野の争いはかなり高レベルであり、
普通であれば、矢野は一軍正捕手です。
使われずに、座して衰えを待つだけでは
あまりにもったいない。


阪神タイガースにとって何が良いか、なんてケチなことは私は言いません。
野球人矢野の活躍を見たいです。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。