上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仁志敏久選手は、02年の原第一次政権の時から構想を外れていたらしい。確かに清水が1番打者で活躍し、出番が激減した。この時から仁志は移籍願望があったようである。堀内監督になり、1番に復帰したもののオフにはメジャーへ行くやら行かないやら契約更改するまでに時間を要した。

かねてより仁志は、歯に衣着せぬ物言いがあった。良いか悪いかは別にして好かれる好かれないと言うのはあっただろう。

この度、願いが叶い横浜ベイスターズへ移り、早速「石井さんと二遊間を組み、色々教わりたい」と話したが、今年働かなかったという意味では全く互角の昨季活躍した種田がいる。若い藤田がいる。「まずは横浜の熾烈なポジション争いを制して石井さんに色々…」位言っておいた方が良かったような気がするのは、僕だけか。少し気を遣って良い環境で練習するのも仁志の場合、過去の経緯からも一つの手ではないか、という事だ。

ただ、仁志の守備力は高レベルであり、守備妨害を誘うようなあるいは守備妨害に見えるような記録に残らないプレイで投手を助ける事があり、上手さがあるので、打撃がある程度まで回復すれば、アッサリ定位置取りも十分可能だ。
Secret

TrackBackURL
→http://deadea2.blog68.fc2.com/tb.php/83-dd2ff5c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。