上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 門倉健投手の巨人移籍が確実になったらしい。門倉は巨人相手に好成績を残している。しかし、門倉レベルで勝ち星稼ぎをみすみす失いに行くのは如何なものか。以前も述べたが、ハッキリ言って、門倉が今季10勝したのは、体勢決した状態での数字合わせ(しかも防御率4.84)、優勝争いから脱落した場合、投手の10勝は8月一杯で達成していなければ(これでも遅いが)意味がない(これを満たすなら自身が頑張ったのにチームがダメだった事になる)。 

 巨人としては、苦手投手1人囲うだけで十分であり、門倉が活躍したら儲けモノくらいのものだ。以前広島からFA宣言した川口投手しかり。金持ち巨人はその選手の旬の時期を買ってしまい、自軍に牙を剥かせないようにしているのだ。

 それに門倉が先発でやれたのは、層の薄い横浜だからである。来季は、上原、内海、工藤、西村、辻内(若手優先)、野間口(若手優先)が先発、門倉は中継ぎからスタートだろう。

 一時の年俸UP(しかも微増)に目がくらむようでは、野球人生を棒に振る。横浜だったら2軍落ちしても調整してすぐに上がれるのに、巨人では準備万端になっても必ずしも上がれるとは限らない。

 当ブログでは、門倉投手の年俸は数字合わせの10勝、防御率4.84では現状維持で十分と思量する。来季、身を以って知ることとなろう。知った頃には旬の時期が終わっていて横浜が必要とすることはない。
Secret

TrackBackURL
→http://deadea2.blog68.fc2.com/tb.php/87-e497ebb7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。