上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 横浜の外野争いは熾烈だ。しかし、レフト小池、センター吉村、ライト金城は固定だろう。それに来季、大矢監督は、鈴木尚をレフトで使いたいらしい。そして多村。昨季は3割30本を放ち、春先のWBCのメンバーの一人。実績は申し分なく、今年の秋季キャンプは腰痛を治し元気に参加していたので、僕はトレードはなくなったと思っていた。

 横浜のヒドい投手陣はテコ入れが急務。まだ23歳寺原は伸びしろはあるが、このトレードは博打だった感が強い。寺原の売りは若いことだけだろう。

 このトレード、多村=寺原プラス5000万円で妥当ではなかろうか。やることなすこと、頭の悪いと思えてしまう横浜のフロント。このトレードが成功だったというために寺原に活躍してもらうしかない。しかし、寺原に練習させ過ぎて右肩痛で登録抹消などという事のないように祈るしかない。
Secret

TrackBackURL
→http://deadea2.blog68.fc2.com/tb.php/89-a255dbf7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。