上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ついにボストン入りが決まったが、その契約内容は破格過ぎる。日本No.1投手だからなのだが、まだ働いてないのに行き過ぎではなかろうか。阪神金本選手は03年FA行使した時金額の主張はせず2.4億円で現状維持、04年の複数年契約時も微増で2.6億円の3年契約となった。その後の活躍でも年俸は上がらなかったので、この度今迄の不足分が加味された形になったが、この姿は誰もが納得する。

 契約更改の席で選手が年俸を引き出すのが通常であるが、金本選手の場合は、球団が誠意を示して来た、誰もが納得する珍しい形

 日本の花形職業のプロ野球選手なんだから、こういう綺麗な契約更改が見たい。

 「みんなゴネてるから俺もゴネてみる!」と思ってるとしか思えない最近の契約更改。それならば、使えなかったけど残留する選手90%ダウン等があっても良い。こんなところにも貧(?)富の格差が見えている。
Secret

TrackBackURL
→http://deadea2.blog68.fc2.com/tb.php/94-1af31477
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。