上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お友達が京セラドームのシーズンシートをヤフオクでゲットしてくださり
ご招待いただき、行ってきました。
とても見やすいバックネット裏で、
ランチボックス、Tシャツのお土産つきでした。


オリックスの応援をいつも西武ドームで聴いているわけですが
本場の京セラドームで聴きましたが
とても良かったです。
観戦しながら野球の話を色々としました。


野球が終わってから、
京都に行きました。
阪急で行ったわけですが、
金光大阪や大阪学院高校などが見えて
そこでも野球の話をしました。
京都ですき焼きをご馳走になりました。
すばらしいお肉でとても美味しかったです。


野球談義、政治の話などいろいろな話をしました。
そのお友達とは、阪神タイガースの話がよく合ったのですが、
プロ野球全体のファンであり、政治の話なども色々と合う人だったのです。
住まいは遠いですが、また会いたいです。


今回は良い関西訪問になりました。
ありがとうございました。
昨日、甲子園球場の試合が中止になったので、
オリックスの試合に行ってきました。
安い内野自由席をヤフオクで買いました。
800円で内野席で見ることができました。


阪神ファンが京セラドームに流れ込むのかなと思ったら
意外とそんなことはないみたいです。


オリックスはショート大引が良い働きをしていたと思います。
実に状況判断がよく、守備がうまく、肩が良い、
センスが光っていると思いました。
大引は地味な感じですが、セリーグに入っていたら
騒がれた選手だったと思います。
大引は阪神平野型の選手だと思います。


そして、バルディリスの守備もとても安定しています。
体が強く、まだ若い、良い選手です。
阪神新井より、トータルで良い選手だと思います。


明日は、お友達が京セラドームオリックス戦のシーズンシートを
取ってくださったので、行ってきます。
とても楽しみです。
不調の新井を4番に据え続ける真弓監督。
一昨日、新井はレフト前を打ちましたが
あれはサード森野だったから抜けてったようなものです。
新井は守備が下手ですから、打てなければ使う意味がないと思います。
金本のような存在感、
「もしかしたら何かやってくれる感」は新井にはありません。



新井のサードのもたつき感もそろそろ何とかして欲しいです。
サード村田修一が飛びついて打球を取った時、
急いで強い球を一塁に投げています。
ところが、新井が飛びついて球を取ったり、
バントされてダッシュして球を取った後の送球は
急いで投げるというより、慌てて一塁に投げてるんです。
球を握れてないこともありますし、
そういう根底の部分を何とかしてもらいたいものです。



さて、真弓は、小林にしても、調子が悪いのに使い続けました。
勝てる試合を何試合も落としてきました。
真弓監督でなければ、今頃阪神が首位になっていましたね。
阪神は他球団に比べてかなり戦力が揃っていると思います。
先発が能見、岩田、久保、スタンリッジ、メッセの5人がしっかりしていて
中継ぎも渡辺、榎田が使えて、福原もまあまあ、
抑えが藤川ですから、他球団に比べれば充実しています。
あとは、真弓の用兵術なのですが・・・。
5人も計算できる先発が居て、この状態というのは
指揮が下手と言わざるをえません。



それにしても、初戦を取っておいてよかったです。
今日負けたとしても、この3連戦借金1で済みますから。
借金3と1では大違いです。
今日は勝ちたかったです。
先発のショウはあんなもんでしょう。
ショウを先発に出した時点で、4回くらいで交代することは想定内でした。
小嶋が期待に応えられないのも想定内。


問題は、またもや小林です。
小林は確かに見方の痛いエラーがありました。
だけど、その後に修正するのが高給取りであり、
小嶋と小林の違いだと思うのですが。


何度も書いてしまいますが、
こんな実力でメジャーに行こうとしていた小林は
本当にチャンチャラおかしい、失笑してしまいますが
一度行ってみれば良かったと思います。



それと、相変わらずの真弓のつまらないというか、
煮え切らない采配。
マートンは、今ダメなんですって。
不調で先発させなかった選手を代打に送ってもダメです。
割り切りができていないなぁと思うところです。
昨日のゲームもボール球を振って三振しまして、
今日も併殺。


色々重なって負けましたが、
明日から横浜戦。
阪神より横浜の方が調子が悪いので
負けないはずなのですが。
久保と山本省なら、勝てるでしょう。
能見が乱調でした、どうしたのでしょうか?

打線はよく打ちました。
まあ、三浦はかつての三浦ではありません、
もはやボーナスステージレベルですから
このくらい打って良いでしょう。
全員よく打ちましたが、金本、藤井よくできました。

藤井は苦労人だけに活躍して欲しいです。

能見、榎田、いったいどうしたんだ?
と思うところですが、たまにはこんな時もありましょう。

何とか勝ってよかったです。
明日から広島。
広島も調子悪いですから、勝っておきたいところです。


清水直なんかに抑えられてしまいました。
こっちもメッセンジャーでしたから半信半疑でしたが
清水直はボーナスステージだ、今日は勝った~
と思ったのですが、低めの変化球が良かったようで。
ストレートも数字に現れないキレがあったようで。


新井が二死からチーム初安打の2塁打を放つも
打率2割の金本が返せず。


藤井、メッセが連続安打するも、得点できず。


代打桧山は消化不良のト投ゴロ。


7回、新井が無死から出塁するも
金本が最悪のダブルプレー。
そのうち、金本に代打が送られる時が来るのではないでしょうか。


金本は守備でも痛い存在です。
取ってあげたかった際どいレフトへの飛球も
容易に安打にしてしまいます。



一発で走者を返せるホームラン打者がいないというのも
タイガースは痛いです。
昨年、打線が打ちまくったのではありますが
飛ぶボールのおかげだったと言わざるをえませんね
(今季のオリックス後藤みたい)。


村田の一発は、スラッガーの良さを改めて実感しました。
村田は今オフ高値で他球団に買ってもらおうとしているので
全力疾走をしていますし、頑張っていますね。
スラッガーがいないならいないで良いけど
つながらないつなぎ打線では厳しいですね。


チーム状態がもっと悪い横浜が相手なら
今日は勝てるはず。
ナゴヤドームで勝てないんだから
横浜から確実に勝ちたいところです。
今季から飛ばないボールに変わりました。
昨年ホームランを打って、
「自分はホームランを打てるんだ」と思った選手は
今季苦戦しているのかなと思います。


西武×オリックス、西武ドームに行ってきました。
私はオリックスの応援が好きなので
オリックスの応援を聴きに行ってきました。


今年のオリックスの打線は
先日、サヨナラを連発した時みたいに
つながれば良い結果が出ます。


ただ、後藤のホームランは2本、T-岡田が何とたったの9本。
後藤は特に、飛ぶボールの恩恵を受けたクチでしょうか。
T-岡田は研究されていることもあるんでしょうけど。


後藤は本来、長距離打者ではなく
中距離打者で、大きいのを狙わない方が
良い結果が出るタイプです。
多分、後藤も分かっていると思いますが
それにしても今年は打率も低いのは驚きでした。


慣れているオリックスでこの成績ですから
移籍していたら、もっと成績は落ちていたはずで
そして、チャンスももらえなくなっていたはずです。


後藤は応援歌が特に好きな選手なので
これから盛り返してもらいたいです。


フィガロを引っ張って、5点取られた岡田はん、
阪神時代に先発アッチソンを引っ張って
序盤に大量得点を取られた時に似ていました。
でも、フィガロは身体能力が高く
伸びしろがあると思うので、
「自分で切り抜けて来い!」ということだったんだと思います。


それにしても、すごいのが西武中村。
この時点でホームラン24本です。
飛ばないボールでこの成績ですから
日本一の長距離打者であることは間違いありません。


わがタイガースの新井君、
もうホームランは完全に期待していません。
昨日のタイムリーのように
おっつけて右前に運ぶのが真骨頂だと思います。


投手成績、セリーグ選手のホームランの少なさから
飛ばないボールは効果があったと思っていましたが
球場で改めて実感しました。


最後に、本日の球審名幸さんかっこ良かったです。
良い調子です。投打が噛み合っています。
藤井がとても良い活躍をしていると思います。


藤井はあの顔が投げやすいということは
藤井を取った時に、スポーツ新聞で読んだのですが
それは本当だと思います。


城島のようなあくの強い顔、個性だと
投手が城島を認めて、
城島の構えたところに、信じて投げ込むのは
少々難しいのかもしれません。


一応まあまあの実績を残したメジャー選手ですから
認めないわけにいかないし、
昨年並みの数字を見せ付けられれば
認めないわけにいかないのでしょうが、
今年の成績の城島に何か言われても
おいそれと言いなりになる気にならないのでしょう。


それならば、藤井の方が
同情に値する事情で加入してきたいきさつがありますし
年齢もかなり上ですし、
城島の言うことより、
「藤井さんが言うなら・・・分かりました」
という気にもなるのでしょう。


WBCの時、城島が日本の正捕手となり、
阿部慎之助が城島と火花を散らしたことがありましたが
懐かしい思い出ですね。


とにかく、今チームが調子良いですから
真弓の浅知恵で変にいじらないでもらいたいです。
この3連戦はよくやった!


エステナードソニックはこちら。
デイリーは安藤、岡崎の起用を、少なくとも肯定していない内容でした。
デイリーはいつもタイガースに好意的ですが、
今日はそんなことなかったですし、
厳しいことを言うデイリー読者がいて安心しました。
意外とファンは分かっていますよね。


安藤のための岡崎だったなら
安藤が下りて、岡崎に打席が来たところで
代打を出すべきだったとか
ごもっともなことが書いてありました。
私もあのチャンスに全く期待できない岡崎が打席では
意気消沈でした。



大体、安藤が生意気なのです。
安藤なんて、新人以下の期待度ですし、
安藤にあるのは、長くタイガースに在籍しているという「面倒臭さ」だけです。
安藤なんて、捕手がかまえたところに
全力で要求された球を投げてれば良いんです。


ましてや野球界の先輩藤井なら
配球は藤井に全部任せれば良いんです。
安藤が考えたって
ヘタの考え休むに似たりなのですから。


真弓の起用は、同意・擁護できないことが多いです。
ブラゼルを獲った時、「あの手の振り回すバッターは信頼できない・・・」
と真弓は言っていました、それは評価していますが、
真弓の理論、判断はよく分かりません。
今年で終わりでしょうかね。


ほうれい線対策はこちら。
昨日、今日と西武ドームに行ってきました。
昨日は能見が完封しました。
能見の投球は、初回こそ三者三振を取ったものの
決して圧巻の投球だったわけではありません。
結構ピンチがありましたが、
エースならではの、要所を締める投球だったわけです。



それと、藤井捕手。
藤井がとてもよかった。
能見の低めの変化球、ワンバンを、
藤井はことごとく止めていたんです。
藤井のおかげで能見は臆することなく低めの変化球を投げられたはずです。
こういうスポーツニュースに出てこないプレイを私は大いに褒めたいです。



打線は、やはりマートン。
マートンが打つと勢いがつきます。
西武も片岡が打てないから勝てませんでした。
それと同じです。


そして、本日。
安藤が先発しました。
夜、NHKのスポーツを見ましたが
西武打線が安藤から点を取ったシーンを省略していました。
時間の都合の問題だけではなかったと思います。


私は何度も言っていますが、
安藤は2003年抑えで活躍して以来
年々退化しています。
14勝して年俸が1億円を超えた時もありましたが
安藤は決してエース扱いされていたわけではなく
安藤は自由枠入団ですし、おそらく10勝したら○%UP
とかそういう取り決めが入団時にあったんだと思います。



退化している安藤を先発に使うなら
投げてみないと分からない若手を使った方が良いと思います。
今日は西武も菊池でしたから
どっこいどっこいでありましたが・・・


打線は相変わらずで、タイムリーが出ない。
ランナー2塁にいた場面で安打は出たのですが
昨日本塁憤死した新井が2塁走者だったためか
3塁コーチが止めたり(←突っ込んでいても絶対アウトだったので正解)
はたまた、ライト秋山だったため2塁走者鳥谷が止められたり(←すごく良い球が返って来たので正解)、
ツキがなかった。
残塁の山を築きました。
マートンは5回に早々と猛打賞を決めたのに勝てませんでした。


平尾の集中力、結果を出すあたりはさすがですね。
平尾の集中力の前には
誰が投げたとしても打たれていたと思います。
榎田は仕方ないです。
今の阪神では能見・藤川球児くらいしか
平尾を抑えられないのではないでしょうか。



江草が登場した時、
1塁側からものすごい拍手、声援が飛びました。
江草の登場は私も興奮しましたし
いいものを見ました。
新天地で頑張っている姿を見ることはとても良いことです。


今日は、西武菊池の時点で勝ち試合だったのですが、
こっちも菊池以下の安藤でそれを帳消しにしてしまいました。
確か、タイガースは借金があり、
それを返さないといけないので
安藤にチャンスを与える余裕はないはずなんですけど・・・。


ちぐはぐな打線は相変わらず、
つながらないつなぎ打線ではあったのですが
安藤のリズム・ペースが脆弱な打線に乗り移ったように
私には見えました。


勝敗のことを言っても
私にはどうすることもできないので
それはさておき、
楽しい久しぶりの野球観戦でした!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。